• 私たちが生まれるより遥か昔から、ずっとずっと先人たちが積み重ねてきた暮らしの中の知恵がある。
  • しかし、現代社会において、それら先人たちの知恵の多くが、あらゆるテクノロジーに置き換わって廃れていった。
  • テクノロジーが進化すればするほどに人々の暮らしは便利になり便利すぎて暇を生む。
  • 暇を穴埋めするスマホやSNSの存在はもはや人々を心身ともに疲弊させている。
  • そしていま、人々が渇望するのは「自然」である。
  • 人の身体は有機体であるわけで、本能レベルで「自然」を求めるのは当然だ。
  • 自給自足って一昔前まではチープな暮らしだと多くの人々が思っていたけど、コロナによってパラダイムシフトが現実化した今になって、自給自足こそが実は最高に贅沢な暮らしだという時代になった。
  • 森の中で自生する植物の名前や特性を知り尽くし、それらを食したり活用して何か道具を生み出したり、そんな技や力を持っていたらカッコいい。
  • 自分たちの暮らしは自分たちで好きなようにデザインして、あらゆる理不尽な社会的外圧には全く左右されない生き方にシフトしよう。
  • それはつまり自分を自然と一体化させるようなことかもしれない。
  • 一説に「自分」の語源は「自然の分身」であるらしい。
  • 自然の中で生きるのではなく、自然のように生きること。
  • 先人たちが古から積み重ねてきた知恵を今こそフルに活かして暮らしのカタチを再構築しよう。
  • そして自らの暮らしがこの地球にとって良く機能するよう工夫をしよう。
  • それはどんなに時代が変わろうとも人類が存在する限り普遍的なテーマなんだと思う。
  • 私たちが生まれるより遥か昔から、ずっとずっと先人たちが積み重ねてきた暮らしの中の知恵がある。
  • しかし、現代社会において、それら先人たちの知恵の多くが、あらゆるテクノロジーに置き換わって廃れていった。
  • テクノロジーが進化すればするほどに人々の暮らしは便利になり便利すぎて暇を生む。
  • 暇を穴埋めするスマホやSNSの存在はもはや人々を心身ともに疲弊させている。
  • そしていま、人々が渇望するのは「自然」である。
  • 人の身体は有機体であるわけで、本能レベルで「自然」を求めるのは当然だ。
  • 自給自足って一昔前まではチープな暮らしだと多くの人々が思っていたけど、コロナによってパラダイムシフトが現実化した今になって、自給自足こそが実は最高に贅沢な暮らしだという時代になった。
  • 森の中で自生する植物の名前や特性を知り尽くし、それらを食したり活用して何か道具を生み出したり、そんな技や力を持っていたらカッコいい。
  • 自分たちの暮らしは自分たちで好きなようにデザインして、あらゆる理不尽な社会的外圧には全く左右されない生き方にシフトしよう。
  • それはつまり自分を自然と一体化させるようなことかもしれない。
  • 一説に「自分」の語源は「自然の分身」であるらしい。
  • 自然の中で生きるのではなく、自然のように生きること。
  • 先人たちが古から積み重ねてきた知恵を今こそフルに活かして暮らしのカタチを再構築しよう。
  • そして自らの暮らしがこの地球にとって良く機能するよう工夫をしよう。
  • それはどんなに時代が変わろうとも人類が存在する限り普遍的なテーマなんだと思う。
  • 私たちが生まれるより遥か昔から、ずっとずっと先人たちが積み重ねてきた暮らしの中の知恵がある。
  • しかし、現代社会において、それら先人たちの知恵の多くが、あらゆるテクノロジーに置き換わって廃れていった。
  • テクノロジーが進化すればするほどに人々の暮らしは便利になり便利すぎて暇を生む。
  • 暇を穴埋めするスマホやSNSの存在はもはや人々を心身ともに疲弊させている。
  • そしていま、人々が渇望するのは「自然」である。
  • 人の身体は有機体であるわけで、本能レベルで「自然」を求めるのは当然だ。
  • 自給自足って一昔前まではチープな暮らしだと多くの人々が思っていたけど、コロナによってパラダイムシフトが現実化した今になって、自給自足こそが実は最高に贅沢な暮らしだという時代になった。
  • 森の中で自生する植物の名前や特性を知り尽くし、それらを食したり活用して何か道具を生み出したり、そんな技や力を持っていたらカッコいい。
  • 自分たちの暮らしは自分たちで好きなようにデザインして、あらゆる理不尽な社会的外圧には全く左右されない生き方にシフトしよう。
  • それはつまり自分を自然と一体化させるようなことかもしれない。
  • 一説に「自分」の語源は「自然の分身」であるらしい。
  • 自然の中で生きるのではなく、自然のように生きること。
  • 先人たちが古から積み重ねてきた知恵を今こそフルに活かして暮らしのカタチを再構築しよう。
  • そして自らの暮らしがこの地球にとって良く機能するよう工夫をしよう。
  • それはどんなに時代が変わろうとも人類が存在する限り普遍的なテーマなんだと思う。
  • 私たちが生まれるより遥か昔から、ずっとずっと先人たちが積み重ねてきた暮らしの中の知恵がある。
  • しかし、現代社会において、それら先人たちの知恵の多くが、あらゆるテクノロジーに置き換わって廃れていった。
  • テクノロジーが進化すればするほどに人々の暮らしは便利になり便利すぎて暇を生む。
  • 暇を穴埋めするスマホやSNSの存在はもはや人々を心身ともに疲弊させている。
  • そしていま、人々が渇望するのは「自然」である。
  • 人の身体は有機体であるわけで、本能レベルで「自然」を求めるのは当然だ。
  • 自給自足って一昔前まではチープな暮らしだと多くの人々が思っていたけど、コロナによってパラダイムシフトが現実化した今になって、自給自足こそが実は最高に贅沢な暮らしだという時代になった。
  • 森の中で自生する植物の名前や特性を知り尽くし、それらを食したり活用して何か道具を生み出したり、そんな技や力を持っていたらカッコいい。
  • 自分たちの暮らしは自分たちで好きなようにデザインして、あらゆる理不尽な社会的外圧には全く左右されない生き方にシフトしよう。
  • それはつまり自分を自然と一体化させるようなことかもしれない。
  • 一説に「自分」の語源は「自然の分身」であるらしい。
  • 自然の中で生きるのではなく、自然のように生きること。
  • 先人たちが古から積み重ねてきた知恵を今こそフルに活かして暮らしのカタチを再構築しよう。
  • そして自らの暮らしがこの地球にとって良く機能するよう工夫をしよう。
  • それはどんなに時代が変わろうとも人類が存在する限り普遍的なテーマなんだと思う。
  • 私たちが生まれるより遥か昔から、ずっとずっと先人たちが積み重ねてきた暮らしの中の知恵がある。
  • しかし、現代社会において、それら先人たちの知恵の多くが、あらゆるテクノロジーに置き換わって廃れていった。
  • テクノロジーが進化すればするほどに人々の暮らしは便利になり便利すぎて暇を生む。
  • 暇を穴埋めするスマホやSNSの存在はもはや人々を心身ともに疲弊させている。
  • そしていま、人々が渇望するのは「自然」である。
  • 人の身体は有機体であるわけで、本能レベルで「自然」を求めるのは当然だ。
  • 自給自足って一昔前まではチープな暮らしだと多くの人々が思っていたけど、コロナによってパラダイムシフトが現実化した今になって、自給自足こそが実は最高に贅沢な暮らしだという時代になった。
  • 森の中で自生する植物の名前や特性を知り尽くし、それらを食したり活用して何か道具を生み出したり、そんな技や力を持っていたらカッコいい。
  • 自分たちの暮らしは自分たちで好きなようにデザインして、あらゆる理不尽な社会的外圧には全く左右されない生き方にシフトしよう。
  • それはつまり自分を自然と一体化させるようなことかもしれない。
  • 一説に「自分」の語源は「自然の分身」であるらしい。
  • 自然の中で生きるのではなく、自然のように生きること。
  • 先人たちが古から積み重ねてきた知恵を今こそフルに活かして暮らしのカタチを再構築しよう。
  • そして自らの暮らしがこの地球にとって良く機能するよう工夫をしよう。
  • それはどんなに時代が変わろうとも人類が存在する限り普遍的なテーマなんだと思う。
  • 私たちが生まれるより遥か昔から、ずっとずっと先人たちが積み重ねてきた暮らしの中の知恵がある。
  • しかし、現代社会において、それら先人たちの知恵の多くが、あらゆるテクノロジーに置き換わって廃れていった。
  • テクノロジーが進化すればするほどに人々の暮らしは便利になり便利すぎて暇を生む。
  • 暇を穴埋めするスマホやSNSの存在はもはや人々を心身ともに疲弊させている。
  • そしていま、人々が渇望するのは「自然」である。
  • 人の身体は有機体であるわけで、本能レベルで「自然」を求めるのは当然だ。
  • 自給自足って一昔前まではチープな暮らしだと多くの人々が思っていたけど、コロナによってパラダイムシフトが現実化した今になって、自給自足こそが実は最高に贅沢な暮らしだという時代になった。
  • 森の中で自生する植物の名前や特性を知り尽くし、それらを食したり活用して何か道具を生み出したり、そんな技や力を持っていたらカッコいい。
  • 自分たちの暮らしは自分たちで好きなようにデザインして、あらゆる理不尽な社会的外圧には全く左右されない生き方にシフトしよう。
  • それはつまり自分を自然と一体化させるようなことかもしれない。
  • 一説に「自分」の語源は「自然の分身」であるらしい。
  • 自然の中で生きるのではなく、自然のように生きること。
  • 先人たちが古から積み重ねてきた知恵を今こそフルに活かして暮らしのカタチを再構築しよう。
  • そして自らの暮らしがこの地球にとって良く機能するよう工夫をしよう。
  • それはどんなに時代が変わろうとも人類が存在する限り普遍的なテーマなんだと思う。
  • 私たちが生まれるより遥か昔から、ずっとずっと先人たちが積み重ねてきた暮らしの中の知恵がある。
  • しかし、現代社会において、それら先人たちの知恵の多くが、あらゆるテクノロジーに置き換わって廃れていった。
  • テクノロジーが進化すればするほどに人々の暮らしは便利になり便利すぎて暇を生む。
  • 暇を穴埋めするスマホやSNSの存在はもはや人々を心身ともに疲弊させている。
  • そしていま、人々が渇望するのは「自然」である。
  • 人の身体は有機体であるわけで、本能レベルで「自然」を求めるのは当然だ。
  • 自給自足って一昔前まではチープな暮らしだと多くの人々が思っていたけど、コロナによってパラダイムシフトが現実化した今になって、自給自足こそが実は最高に贅沢な暮らしだという時代になった。
  • 森の中で自生する植物の名前や特性を知り尽くし、それらを食したり活用して何か道具を生み出したり、そんな技や力を持っていたらカッコいい。
  • 自分たちの暮らしは自分たちで好きなようにデザインして、あらゆる理不尽な社会的外圧には全く左右されない生き方にシフトしよう。
  • それはつまり自分を自然と一体化させるようなことかもしれない。
  • 一説に「自分」の語源は「自然の分身」であるらしい。
  • 自然の中で生きるのではなく、自然のように生きること。
  • 先人たちが古から積み重ねてきた知恵を今こそフルに活かして暮らしのカタチを再構築しよう。
  • そして自らの暮らしがこの地球にとって良く機能するよう工夫をしよう。
  • それはどんなに時代が変わろうとも人類が存在する限り普遍的なテーマなんだと思う。
  • 私たちが生まれるより遥か昔から、ずっとずっと先人たちが積み重ねてきた暮らしの中の知恵がある。
  • しかし、現代社会において、それら先人たちの知恵の多くが、あらゆるテクノロジーに置き換わって廃れていった。
  • テクノロジーが進化すればするほどに人々の暮らしは便利になり便利すぎて暇を生む。
  • 暇を穴埋めするスマホやSNSの存在はもはや人々を心身ともに疲弊させている。
  • そしていま、人々が渇望するのは「自然」である。
  • 人の身体は有機体であるわけで、本能レベルで「自然」を求めるのは当然だ。
  • 自給自足って一昔前まではチープな暮らしだと多くの人々が思っていたけど、コロナによってパラダイムシフトが現実化した今になって、自給自足こそが実は最高に贅沢な暮らしだという時代になった。
  • 森の中で自生する植物の名前や特性を知り尽くし、それらを食したり活用して何か道具を生み出したり、そんな技や力を持っていたらカッコいい。
  • 自分たちの暮らしは自分たちで好きなようにデザインして、あらゆる理不尽な社会的外圧には全く左右されない生き方にシフトしよう。
  • それはつまり自分を自然と一体化させるようなことかもしれない。
  • 一説に「自分」の語源は「自然の分身」であるらしい。
  • 自然の中で生きるのではなく、自然のように生きること。
  • 先人たちが古から積み重ねてきた知恵を今こそフルに活かして暮らしのカタチを再構築しよう。
  • そして自らの暮らしがこの地球にとって良く機能するよう工夫をしよう。
  • それはどんなに時代が変わろうとも人類が存在する限り普遍的なテーマなんだと思う。
  • 私たちが生まれるより遥か昔から、ずっとずっと先人たちが積み重ねてきた暮らしの中の知恵がある。
  • しかし、現代社会において、それら先人たちの知恵の多くが、あらゆるテクノロジーに置き換わって廃れていった。
  • テクノロジーが進化すればするほどに人々の暮らしは便利になり便利すぎて暇を生む。
  • 暇を穴埋めするスマホやSNSの存在はもはや人々を心身ともに疲弊させている。
  • そしていま、人々が渇望するのは「自然」である。
  • 人の身体は有機体であるわけで、本能レベルで「自然」を求めるのは当然だ。
  • 自給自足って一昔前まではチープな暮らしだと多くの人々が思っていたけど、コロナによってパラダイムシフトが現実化した今になって、自給自足こそが実は最高に贅沢な暮らしだという時代になった。
  • 森の中で自生する植物の名前や特性を知り尽くし、それらを食したり活用して何か道具を生み出したり、そんな技や力を持っていたらカッコいい。
  • 自分たちの暮らしは自分たちで好きなようにデザインして、あらゆる理不尽な社会的外圧には全く左右されない生き方にシフトしよう。
  • それはつまり自分を自然と一体化させるようなことかもしれない。
  • 一説に「自分」の語源は「自然の分身」であるらしい。
  • 自然の中で生きるのではなく、自然のように生きること。
  • 先人たちが古から積み重ねてきた知恵を今こそフルに活かして暮らしのカタチを再構築しよう。
  • そして自らの暮らしがこの地球にとって良く機能するよう工夫をしよう。
  • それはどんなに時代が変わろうとも人類が存在する限り普遍的なテーマなんだと思う。

とは

「世界を農でオモシロくする」をフィロソフィーに、地域で成功する持続可能な農事業の数を増やすべく小規模農をテーマに事業を展開。

詳細はコチラ