【ヨーグレットは太るの?】過剰摂取は体重増加のリスクあり

料理と食材のQ&A

ヨーグレットをご存知ですか?子供の頃に楽しんだ記憶のある人も多いはずです。しかし、最近は目にする機会が減ったように感じませんか?

 

もしかしたら市場から姿を消したのかもしれませんし、見落としているだけかもしれません。美味しいからついつい食べ過ぎてしまいますが、摂取量には注意が必要です。

 

今回はヨーグレットの

 

  • 基本情報
  • 特徴
  • 体への影響
  • 推奨される摂取量
  • 関連ドリンク

 

について詳しく見ていきましょう。

目次

ヨーグレットのカロリーはどのくらい?

ヨーグレットの箱には、18個で110キロカロリーと表示されています。つまり、1個あたり約6キロカロリーです。カロリー自体は低めですが、多くの人は1個だけで止められず、箱ごと食べてしまうことが多いです。一箱食べると約100kcalで、これは野菜スープ一杯分に相当します。

1日の推奨摂取量は?

ヨーグレットの1日の推奨摂取量は約18粒です。つまり、1箱が一日の摂取上限となります。

この量を超えて食べても健康に直接害はありませんが、適量を守ることが大切です。

 

ヨーグレットは太る?過剰摂取は体重増加のリスクあり

ヨーグレットを適量摂取するだけでは体重増加はあまり考えられませんが、複数箱の連続摂取は問題となり得ます。特に血糖値が敏感な方には、血糖レベルの急上昇を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。

 

ヨーグレットの摂取は、カロリーを消費しやすい昼間が望ましく、夜間の摂取はカロリーが蓄積しやすいため、体重増加のリスクが高まります。

ヨーグレットドリンクの過剰摂取に注意

ヨーグレットの錠剤版とは異なり、ドリンク版は高い糖分量を含んでいます。このドリンクは飲みやすく、特に子供たちが過剰に摂取しやすい傾向にあります。

 

含まれる甘味料が血糖値を急上昇させる可能性があるため、摂取量には注意が必要です。ヨーグレットドリンクは、1回に1缶(または1パック)を一気に飲むのではなく、分割して飲むようにしましょう。

血糖値の上昇による症状について

    甘味料を多く含む飲料を過剰に摂取すると、血糖値が持続的に高まる可能性があります。高血糖に伴う一般的な症状には、以下のようなものがあります。

    これらに当てはまる場合は注意が必要です。

     

    • 口の渇きや飲んでも渇きが続く
    • 頻繁な尿意や多尿
    • 急激な体重減少
    • 体の乾燥
    • 増加する疲労感
    • 常に空腹感を感じる
    • 注意力や集中力の低下

     

    普段の活動で異常な疲れを感じることがあれば、過剰な糖分摂取が原因かもしれません。

    体のサインを見逃さず、適切な対応をしましょう。

     

    ヨーグレットとは?

    ヨーグレットは、明治製菓が1979年に発売したお菓子です。錠剤状のスイーツで、缶飲料版もリリースされたことがあります。「ハイレモン」や「コーラパンチ」などの関連商品も人気です。

    パッケージには18個の錠剤が個別包装されており、食べやすいのが特徴です。特別版では、笑顔の顔文字が描かれた錠剤もあり、ファンには特に人気です。

    ビフィズス菌がもたらす健康効果

    ヨーグレットにはビフィズス菌が含まれており、腸内環境の改善や免疫力の向上に役立ちます。これにより、肌の調子が良くなったり便秘が減ったりする健康効果が期待できます。

    栄養補助食品としての側面も持ち、カルシウムも豊富に含まれています。カルシウム不足の方には特におすすめです。

    まとめ

      ヨーグレットは、明治製菓が提供するビフィズス菌とカルシウムを豊富に含むタブレット型のお菓子です。これにより、栄養機能食品としての役割も果たしています。

       

      ヨーグレットの適量摂取では体重増加のリスクは低いですが、量の管理は重要です。また、ドリンク型は特に血糖値の上昇に注意が必要です。

       

      私たちはさまざまな食品に関する情報を提供しておりますので、興味がある方はぜひご覧ください。

      よかったらシェアしてね!
      • URLをコピーしました!
      目次