オリーブは体に悪い?過剰摂取によるデメリットや1日の適量

料理と食材のQ&A

オリーブやそのオイルは健康に良いとされていますが、果たして過剰摂取は体にどんな影響を及ぼすのでしょうか。

 

この記事では、オリーブの過剰摂取時に起こりうる体の反応や、1日の推奨摂取量などについて詳しく解説します。

目次

オリーブは体に悪い?過剰摂取によるデメリットや1日の適量

    オリーブには多くの健康メリットがありますが、過剰摂取は避けるべきです。

     

    特に、加工オリーブに含まれる塩分は高血圧のリスクを高めることがあります。塩分の過剰摂取は肝臓や腎臓に負担をかけ、消化不良や下痢、腹痛を引き起こすことも。

     

    無塩のオリーブを選ぶことで、健康を害することなく楽しむことが可能です。

    オリーブの1日の適正摂取量

    毎日の食事にオリーブを取り入れる場合、1日あたり約10粒が理想的な摂取量です。

    また、オリーブオイルを使う際は、1日に大さじ4杯が適量とされています。

     

    オリーブオイルはサラダドレッシングや加熱調理にも使用でき、様々な料理方法での活用が可能です。それぞれの料理に合わせて、様々な形でオリーブオイルを取り入れてみるのがおすすめです。

     

    オリーブの栄養素やメリットを解説

    オリーブオイルには健康に良い脂肪、ビタミンE、ビタミンK、オレイン酸、ポリフェノールといった栄養素が豊富に含まれています。

    高いエネルギー密度を持つ純粋なオイルであり、一般的な調理油と異なりオレイン酸が特に豊富で、これは悪玉コレステロールを減少させ、生活習慣病の予防に寄与します。

     

    脂肪は主要なエネルギー源で、体内で糖質から変換されてエネルギーとして蓄えられます。

    ビタミンEは抗酸化作用があり、コレステロールの酸化を防ぎ、血流を改善します。

     

    ビタミンKは骨の形成を助け、カルシウムの吸収をサポートします。

    オレイン酸は血管を健康に保ち、悪玉コレステロールを減少させて心臓病のリスクを下げます。

    妊婦にもおすすめ

    妊娠中の女性にとって、オリーブは理想的な食品です。オリーブオイルに含まれるビタミンE、β-カロテン、鉄などが、妊娠中の健康をサポートします。

     

    まとめ

    この記事では、オリーブとオリーブオイルの摂取についてのポイントをまとめました。

     

    オリーブには体に良い高品質な脂質が含まれていますが、過剰摂取は肥満や塩分の過多摂取、消化不良を引き起こすリスクがあります。

    日々の食事での推奨量は、オリーブは10粒、オリーブオイルは大さじ約4杯です。

     

    オリーブには健康に良い成分が多く含まれているものの、摂取量には注意が必要です。

    適切な量を守り、バランスの取れた食事の一部としてオリーブを楽しむことで、健康を維持することができます。

    毎日の食事において、推奨される量を意識して摂取してみてはいかがでしょうか?

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次