ローズマリーに食べられない種類はある?観賞用と食用の違いとは

料理と食材のQ&A

    ローズマリーは多くの料理に欠かせない香り高いハーブです。特に肉料理の風味を引き立てるのに適しています。この記事では、ローズマリーの選び方や特徴に焦点を当てて紹介します。

     

    • ローズマリーの基本的なポイント
    • ローズマリーの本質とは何か
    • 種類の違いや特に推奨される品種

     

    など、ローズマリーの魅力を深く掘り下げていきます。最後までご覧いただき、ローズマリーを使った料理のバリエーションを広げてみてください。

    目次

    ローズマリーに食べられない種類はあるのか?

    ローズマリーは地中海周辺原産のハーブで、「マンネンロウ」とも呼ばれています。主に料理の香り付けに使われていますが、ヨーロッパでは古くから悪霊を払う力があると信じられてきました。

    ローズマリーには多様な品種が存在しますが、食用に不向きな種類が存在するわけではありません。しかし、市場には「観賞用」と表示されたローズマリーも見られます。これは一体どういう意味なのでしょうか?

    観賞用と食用のローズマリー:違いとは

    ローズマリーの「観賞用」品種は花を楽しむために選ばれたものです。

    これらは花が豊かに咲くことから視覚的に魅力的ですが観賞用であっても、これらのローズマリーは食用にも安全です。観賞用とされるのは、その豊富な花のためであり、食用としての安全性に影響はありません。

     

    ローズマリーの成長タイプと特徴

    ローズマリーには、成長パターンによって「木立ち性」「地這い性」「半地這い性」の3つのカテゴリーがあります。

    それぞれのカテゴリーには独自の特徴があり、選択する際の参考になるでしょう。

    木立ち性ローズマリーの特徴

    「木立ち性」ローズマリーは、直立して成長するタイプです。

    これらは育てやすく、大きく成長することが特徴です。いくつかの品種は2メートル以上にも成長し、初心者にも扱いやすい品種が多いです。

    地這い性ローズマリーの特徴

    「地這い性」ローズマリーは、地面に沿って横に広がるように成長します。

    これらは木立ち性と対照的に、高さがあまり伸びず、多くは20センチメートル程度にとどまります。「プロストラータス」は、このタイプの代表的な品種の一つです。

    半地這い性ローズマリーの特徴

    「半地這い性」ローズマリーは、初めは地面に密着して広がり、後に上向きに成長します。

    これらは最終的に2メートル程度の高さに達し、大きなスペースを必要とすることがあります。「モーツァルトブルー」は、このタイプの一例です。

     

    おすすめのローズマリー品種とその特定方法

    おすすめの品種:「プロストラータス」

    ローズマリーの品種の中で特におすすめなのは「プロストラータス」です。

     

    この品種は均一な茎と葉の配置を持ち、料理に加えると見栄えが美しくなります。料理専門家にも好まれるこの品種は、地這い性の特性を持ち、限られたスペースでも育てやすい点が魅力です。

     

    ローズマリー選びで迷ったら、プロストラータスを選んでみると良いでしょう。

    品種の特定方法

    ローズマリーの品種を特定するには、「木立ち性」と「地這い性」の区別を知ることが重要です。これは葉のサイズで識別可能です。

     

    木立ち性は葉が大きく、地這い性は葉が小さい傾向にあります。ローズマリーとラベンダーの判別は、ローズマリーの葉がより濃い緑色をしていることで可能です。葉を摩擦して香りを確かめることも有効な判別法です。

    ローズマリーを活用した料理法

    ローズマリーはその香りの高さから、様々な料理に適しています。

    肉料理のアクセント、魚料理への香り付け、乾燥させたものを洋菓子に用いるなど、幅広く使用できます。これらを活用することで、洋食の味わいを深めることができます。

    まとめ|ローズマリーの魅力

    この記事では、ローズマリーの特徴や使用方法について詳しく紹介しました。

     

    • ローズマリーは地中海原産で、多様な伝承を持つハーブです
    • 3つのカテゴリーがあり「プロストラータス」は特に扱いやすいため推奨されます
    • 洋食を作る際にローズマリーを使用することで、通常とは異なる特別な一皿が作れます

     

    このハーブは料理の可能性を広げ、新しい味わいを提供します。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次