キムチを食べると下痢になるのはなぜ?原因や正しい摂取量も解説

料理と食材のQ&A

辛い食べ物を食べたとき、私たちの体はどのように反応するのでしょうか?これは単なる口の中や消化器官への熱い感覚だけでしょうか?

今回は、辛みの元であるカプサイシンを含むキムチを例に挙げ

 

  • キムチの健康上の利点
  • 下痢を引き起こす可能性
  • 適切な摂取量

 

について解説します。これらの話題を通じて、キムチを食べることの実際の影響と適量について理解しましょう。

目次

キムチを食べると下痢になるのはなぜ?

長期間熟成されたキムチは、カプサイシンと乳酸菌の組み合わせによって、通常は便秘を解消するのに効果がありますが、キムチを食べた後に下痢になる理由は何なのでしょうか。

過剰な摂取が問題を引き起こす

下痢を引き起こす主な原因は、カプサイシンの影響です。

この化合物は感覚神経に作用し、これらの神経は体全体に広がっています。

この結果、消化機能に影響を及ぼし、胃酸の分泌バランスを崩して下痢を引き起こすことがあります。

乳酸菌の役割

乳酸菌は糖を分解して乳酸を生成する微生物です。キムチに含まれるラクトバチルスは植物由来で、胃酸や胆汁酸に耐え、腸まで生きて到達し、腸内フローラを改善することに貢献します。

 

しかし、乳酸菌は熱に弱く、キムチを過剰に摂取すると、乳糖の分解能力を超えて消化不良を引き起こす可能性があります。

食物繊維の考慮点

キムチに含まれる食物繊維は、100gあたり2.7gで、そのうち水溶性食物繊維が0.7g、不溶性食物繊維が2gです。

 

水溶性食物繊維が豊富な食品は下痢を引き起こしやすいと言われますが、キムチは不溶性食物繊維が主成分です。そのため、摂取する際は両方のタイプのバランスを考慮することが大切です。

カプサイシンの影響とは

カプサイシンは独特の遅れてくる辛さを持っており、摂取すると長時間熱い感じが続きます。適量を摂ることで胃の粘膜を守り、消化器官を助ける効果があります。

しかし、摂り過ぎると感覚神経に過剰な負担をかけ、保護機能が弱まり、下痢や消化不良を引き起こすリスクがあります。

 

キムチの適切な摂取量は

キムチの多くの栄養価を理解し、その効果を最大限に活かすためには、適切な摂取方法が重要です。

1日の理想的なキムチ摂取量

乳酸菌の恩恵を充分に受けるには、1日に小皿1皿分、約50gのキムチを摂るのが適切です。

キムチを毎日均等に分けて食べることで、乳酸菌の効果を最大限に享受できますが、キムチには塩分も含まれているので、50gを超えて食べることはお勧めしません。

辛味への慣れ方

辛さはただの味ではなく、独特の感覚体験と言えます。キムチ特有の舌に熱さを感じさせる辛味や、ワサビのような鼻を刺激する辛味など、辛さには様々な種類があります。

 

辛さの感じ方は、文化や個人の環境によって異なりますので、徐々に慣れていくことが大事ですが、無理に辛いものを食べることは避けましょう。

カプサイシンへの耐性は人それぞれ

カプサイシンには健康に良い効果がありますが、人によって辛さへの耐性は大きく異なります。

 

一般成人の安全なカプサイシン摂取量は、体重1kgあたり5mgとされており、例えば体重50kgの人では1日に最大250mgが限界です(ドイツ連邦リスク評価研究所の報告に基づく)

 

慣れない辛さを無理に体験することは、健康問題を引き起こす可能性があるため、自分の限界を理解して、無理なく辛い食品を楽しむことが重要です。

 

キムチの栄養成分とその健康効果

キムチは白菜、大根、キュウリなどの野菜を塩で味付けし、唐辛子、ニンニク、ショウガなどのスパイスを加えて発酵させた食品です。

これらの素材が持つ栄養素が組み合わさり、さまざまな健康効果を発揮します。

キムチの成分と体への利点

    キムチに含まれる成分とその体への影響を詳しく見ていきましょう。

     

    唐辛子に含まれるカプサイシンは、血流の改善、体温調節のサポート、疲労回復、脂肪燃焼の促進などに役立ちます。

     

    ニンニクに含まれるアリシンは、血糖のコントロール、慢性疾患の予防、食欲向上、感染防止などに効果的です。

     

    ショウガに含まれるシンゲロール、ジンゲロン、ショウガオールは、免疫力の強化、代謝促進、発汗を促進する作用があります。

     

    白菜、大根、キュウリなどの野菜にはビタミンB群やビタミンCが含まれ、炭水化物や脂肪の代謝を助け、熱中症対策やストレス軽減に役立ちます。

     

    これらの成分の相乗効果により、キムチは多様な健康効果をもたらす可能性が高いです。

    美容と健康へのキムチの貢献

    キムチは野菜を主原料としており、そのためビタミンやミネラルなどの必須栄養素を豊富に含んでいます。また、カロリーが低く食物繊維が多いため、健康に良い食品とされています。

     

    発酵によって野菜では得られない新しい栄養成分が生まれることも特筆すべき点で、水溶性ビタミンBの一種であるナイアシン(ニコチン酸)が含まれています。

     

    ナイアシンは皮膚や粘膜の健康を支える成分であり、キムチは美容面でも利点が期待されます。

    総括

      これまで検討したことを踏まえると、キムチにはトウガラシや他の野菜由来の成分が豊富に含まれ、多くの栄養効果を提供していますが、キムチを過剰に摂取すると、カプサイシンの強い刺激によって消化不良や腹痛を引き起こすリスクがあります。

       

      健康的な摂取量を保つためには、1日あたりのキムチ摂取量を50gに抑えることが推奨されます。また、トウガラシは強い辛味を持っており、そのカプサイシンの辛さは一般的なコショウの成分であるピペリンに比べて100倍から200倍の強さがあると言われています。

      よかったらシェアしてね!
      • URLをコピーしました!
      目次