ポテロングが生産終了した噂の真相は?サクサク感の秘密も解説

料理と食材のQ&A

皆さんはポテロングというスナックをご存知ですか?じゃがりことよく比較されるこのポテトスナックに関して、一部で生産終了の噂が流れています。今回は

 

  • ポテロングの生産が本当に停止したのか
  • 特徴
  • 種類の多さ
  • 独特のサクサク感の秘密
  • 賞味期限

 

について詳しく掘り下げます。

目次

ポテロングの生産終了は本当?噂の真相について

長年にわたり多くの人々に愛されてきたポテロングは、森永製菓が手掛ける人気のポテトスナックですが最近、生産終了の噂がささやかれています。

それにもかかわらず、多くの店舗では依然としてポテロングが売られているのを見かけます。この状況が疑問を呼び、真実が気になるところです。

継続されるポテロングの製造

2019年に森永製菓が国内の製造体制の見直しを発表した際、ポテロングを含む製品を製造していた千葉県野田市の工場閉鎖が話題となりました。しかし、需要の高いポテロングは他の施設で製造が続けられており、消費者は引き続きこれらの商品を購入できます。

 

また、ハイチュウも同様に、生産施設の変更により販売が継続されています。結局のところ、ポテロングは別の工場で生産が続けられており、生産終了の噂は誤解であることが明らかになりました!

 

ポテロングのサクサク感の秘密

ポテロングがなぜあんなにサクサクしているのか、気になる方も多いでしょう。

実は、その秘密はポテロングのノンフライ製法にあります。この方法では、一般的なスナックに比べて使用する油の量が大幅に少ないのです。それでもフライ感覚の食感が得られるのは、じゃがいもを乾燥させてから焼成し、空気を含ませる特別なプロセスのおかげです。

 

さらに、加熱後に油をスプレーすることで、従来のフライ製品と比べて油の量を約1/3に削減しています。

長期保存も可能

ポテロングは、密封されていれば約6ヶ月間新鮮さを保つことができます。

これは、ノンフライ製法によって油分を抑え、鮮度の低下を防いでいるためです。

そのため、購入後半年間は安心して保管が可能で、自分のペースでゆっくりと楽しむことができるのが魅力です。

 

ポテロングの基本情報

ポテロングは、1978年のデビュー以来、長い間愛され続けているポテトスナックの代表格です。時代を超えて愛されるその秘密は、伝統的なパッケージデザインの維持や、揚げないノンフライ製法にあります。これらの特徴が、ポテロング独自の個性を形作っています。

 

ポテロングのもう一つの魅力は、そのフレーバーの豊富さです。定番の塩味からはじまり、梅味、バター味などのバラエティに富んだ味わいがあります。また、有名ラーメン店とのコラボフレーバーなど、特別な味も楽しむことができます。

ポテロングの成分と特徴

ポテロングの成分は

 

乾燥じゃがいも、様々な植物油、米粉、小麦粉、コーン、コーンフレーク、塩、醤油、豚肉を含む味付けパウダー、乳化剤、膨張剤、アミノ酸等の味の素、香料

 

などから成り立っています。このような素材の組み合わせが、ポテロング独特の味わいと食感を生み出しています。

カロリーと脂質の分析

ポテロングの一袋(45g)には、213キロカロリーと8.5gの脂質が含まれています。軽やかな食感にもかかわらず、これらの栄養素の含有量は意外にも高めです。

 

これは、主原料のじゃがいもと、調理過程で使用される植物油によるものです。過度の摂取は体重増加のリスクもあるため、適量を心掛けることが大切です。

まとめ

要点をまとめると

 

  • ポテロングは製造中止ではなく、以前の工場閉鎖後も別の工場で生産が続いています
  • 1978年から愛されるロングセラー商品であり、ノンフライ製法による健康的な選択肢としても注目されています
  • 特別な製法がクリスピーな食感を実現し、密封状態であれば約6ヶ月間の長期保存が可能です

 

今回ご紹介した内容は、食に関する幅広いトピックの一部に過ぎません。他にも多くの興味深い記事がありますので、ぜひさらに探求してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次