【ラクレットチーズは臭い?】においの特徴と臭みを消すコツも解説

料理と食材のQ&A

    ラクレットチーズについて聞いたことはありますか?このチーズは独特の強い香りで有名ですが、その香りに抵抗を感じる人も少なくないでしょう。

     

    そこで、この記事ではラクレットチーズの基本情報と、その特有の香りを抑える方法について解説します。このチーズを刺激的な白ワインと共に楽しんでみてはどうでしょうか。

     

    • ラクレットチーズの基本知識
    • なぜこのチーズがそのような香りを持つのか
    • チーズが腐っているわけではなく単に香りが強いのか
    • ラクレットチーズの楽しみ方と保存方法

     

    など、これらのポイントをお伝えします。新たなラクレットチーズのファンになるかもしれません。

    目次

    ラクレットチーズは臭い?においの特徴と臭みを消すコツ

    においの特徴

    人によってチーズの香りへの感じ方には大きな個人差があり、ラクレットチーズはその「強烈な香り」でSNSなどで話題になっています。

     

    興味深いことに、チーズの香りの強さは産地によって変わります。たとえば、スイスからの輸入ラクレットチーズは、国内産のものと比較して格段に香りが強いと言われています。

     

    強い香りが苦手な方は、国産のラクレットチーズを選ぶと良いでしょう。

    においが強い理由は?

    チーズが熟成する過程で、頻繁に洗うことにより表皮が柔らかくなり粘性を帯び、その結果、香りが強まります。

     

    ラクレットチーズの場合、発酵の過程で乳酸菌が活動し続けるため、保存中も熟成が進み、香りがより強くなります。

    強い香りが気になる場合は、ラクレットチーズを室内で加熱する際に、十分な換気が必要です。

    香りを抑える方法

    ラクレットチーズの故郷、スイスのアルプス地方では、このチーズに合う特別なスパイスが市場で売られています。

     

    ニンニクやカレー粉、ペッパーなどのスパイスや、様々なハーブが、この芳香豊かなチーズの香りを和らげるのに役立ちます。

     

    香りが気になる方は、タイム、ローズマリー、セージ、オレガノなどのお気に入りのハーブを使用し、香りを調整するのがおすすめです。

    香りを和らげるには加熱が効果的?

    それでも香りが気になる場合は、チーズを料理のアクセントとして使う方法もあります。

     

    例えば、シチューやカレー、ミートソースに少量加えるだけで、味わいが深まり、より美味しくなります。また、ミートパイやチーズを詰めたパイなど、パイ生地に包んで焼く、または餃子の皮や春巻きの皮で巻いて焼くか揚げると、香りが穏やかになると言われています。

     

    これらの方法は、加熱によってチーズの強い香りを和らげる効果も期待できます。

     

    ラクレットチーズの保存期間

    ラクレットチーズの賞味期限について

    ラクレットチーズの賞味期限は、製品が最も美味しくいただける期間を指します。

     

    チーズは、発酵や熟成というプロセスを経る食品で、賞味期限が過ぎても安全に食べられることが多いですが、購入後は冷蔵庫で保存し、2~3ヶ月以内に消費することを推奨します。

    包装に記載された日付は、最良の品質を保証する目安として役立ちます。

    チーズの品質劣化の過程

    賞味期限を過ぎたチーズは風味が落ちる可能性がありますが、すぐに悪くなるわけではありません。開封後は「カビ」が生じやすくなります。

     

    長時間の室温保存は脂質の酸化や細菌の増殖を促し、品質の低下を招きます。品質を保つためには、適切な冷蔵または冷凍保存が重要です。

     

    カビが生じた場合でも、セミハードやハードタイプのチーズなら、カビの部分を取り除いてから食べることができます。

    チーズの劣化の見分け方

      チーズが悪くなっているかどうかを判断するには以下の点に注意しましょう。

       

      • 酸味が強くなる
      • 元の質感が変わる(例えば、滑らかさが失われる)
      • 通常とは異なる、強いアンモニア臭がする

       

      これらの変化が見られる場合、チーズが劣化している可能性が高いため、注意が必要です。

       

      ラクレットチーズの楽しみ方と保存のコツ

      ラクレットチーズの美味しい食べ方

        「とろけるチーズと野菜」で、ラクレットチーズの本来の美味しさを堪能しましょう。

         

        【手順】

          1. ジャガイモや好みの野菜を茹でます
          2. 野菜を食べやすいサイズに切ります
          3. ラクレットチーズを具材の上にのせ、軽く焼きます

         

        具材には

         

        • バゲット
        • ジャガイモ
        • ブロッコリー
        • カリフラワー
        • カボチャ
        • アスパラガス
        • トマト
        • セロリ
        • ピクルス
        • キノコ
        • 生ハム
        • ベーコン

         

        などが適していますが、お好みで選んでください。

         

        フライパンでの調理も可能ですが、友人や家族との食事では、ホットプレートを使うと便利です。

        仕上げにブラックペッパーを振ると、より一層の味わいが楽しめます。

        加熱後のチーズの固まりやすさ

        加熱するとチーズは冷めるとすぐに固まる特性があります。

        そのため、チーズを具材にかけたら、温かいうちにすぐに召し上がることをおすすめします。

        これにより、理想的な食感と風味を最大限に楽しむことができるでしょう。

        適切な保管方法

        ラクレットチーズの保存には、冷蔵の場合約3週間、冷凍なら最大3ヶ月が目安です。

         

        冷蔵保存する際は、チーズの風味を保つと同時に他の食品の臭いが移るのを防ぐため、プラスチックラップや密閉できる容器を使用し、しっかり包んでから保存することが大切です。

        まとめ

        ラクレットチーズは以下のような特徴を持ちます。

         

        • フランスやスイスの伝統的なチーズで、長い歴史を持つ
        • 原料は牛乳で、セミハードタイプの非加熱圧搾の方法で製造される
        • 熟成と発酵の過程で独特の強い香りが生じる
        • 加熱することで香りが軽減され、風味が増す
        • 適切な保存期間は、冷蔵で約3週間、冷凍で約3ヶ月

         

        加熱することで本来の美味しさが引き立つのがラクレットチーズなので、シャープな味わいの白ワインと共に、この豊かな味わいを楽しんでみてはいかがでしょうか。

        よかったらシェアしてね!
        • URLをコピーしました!
        目次