アケビは気持ち悪いし見た目がグロいけど美味しいって本当?

料理と食材のQ&A

アケビはご存知ですか?一般的なスーパーマーケットではあまり見かけない、自然界に自生するこのユニークな果物について、多くの人が「変わっている」「食べ方が分からない」と感じています。

 

この記事では、アケビの特徴、見た目に対する印象、正しい食べ方や風味、そしてアケビを使った魅力的なレシピについて探ります。

目次

アケビは気持ち悪いし見た目がグロいけど美味しいって本当?

アケビが「気持ち悪い」と感じられるのは、そのユニークな外見に理由があります。未熟なときは閉じた果実が、熟すと突如開き、種が露わになる独特の姿をしています。この種の配置や外見が、一部の人には不快に映ることも。

 

しかし、その見た目を超えた美味しさについても、掘り下げてみましょう。

アケビの食べ方と風味

見た目が特異なアケビですが、実際にどうやって食べるのでしょうか。また、その味わいはどのようなものでしょうか。

これらの疑問に答え、アケビの食べ方を詳しく解説します。

アケビの扱い方と食べる部分

アケビの扱い方や、食べられる部分について迷う人も多いでしょう。アケビは種が多く、これらの種は食用には向いていません。実際に食べられるのは果肉の部分だけなのです。

アケビの生食

アケビは生で食べることができます。他のフルーツと同様に、手軽に楽しめる果物です。アケビ特有の食感や風味を、生の状態で堪能することが可能です。

皮の食べ方と基本的な調理法

アケビの果実が熟すと皮は薄紫色に変わりますが、この皮も食用に適しています。一般的にはあまり知られていないかもしれませんが、種を除いた部分はすべて食べることができるのです。

アケビの基本的な調理法3ステップ

アケビを美味しく調理するための基本的な手順は、次の3ステップです。

どれも簡単なので、ぜひお試しください。

 

洗浄:アケビの皮も食べる部分に含まれるため、丁寧に洗いましょう。
切断:縦半分に切るのが最も適しています。
種の除去:種は食べられないので、取り除きます。

アケビ独特の風味とは

アケビの風味は、控えめながらも特有の甘みが特徴です。酸味は少なく、自然な味わいが楽しめます。控えめな甘さが、アケビならではの魅力と言えるでしょう。

 

アケビの美味しい食べ方を紹介

アケビをどのように料理に取り入れるか、迷っている方へ向けて、美味しいレシピを提案します。

自家製アケビのジャム

アケビで作るジャムは、形が崩れても問題ありません。見た目が完璧でないものや少し傷んだものでも活用できます。

 

【作り方】

  1. アケビの種を取り除き、果肉は食感を残すように潰します
  2. 取り出した果肉の60〜70%の量の砂糖を加え、中火で煮込みます
  3. 煮込んだら殺菌した瓶に移し、冷蔵庫で保存します

 

ジャム作りでは色が変わる程度に加熱するため、色の変わったアケビも使用可能です。

アケビのコンポートで長期保存

アケビのコンポートは、砂糖漬けにすることで長期保存が可能です。アケビの自然な甘みと、追加の砂糖で調整した甘さが、様々な味の好みにマッチします。

コンポートはそのままでも、ヨーグルトにトッピングしても美味しいです。

アケビを活用したフルーツソース

アケビは、少量の砂糖を加えて煮込むことで美味しいフルーツソースになります。このソースはパン、ヨーグルト、パンケーキなど、様々な料理に合わせて楽しめます。

砂糖を加えることで保存性も高まり、長期間の保存が可能になります。

アケビの腐敗サインと対処法

    アケビが腐り始めると、以下のような兆候が現れます。

     

    変色:果物が茶色く変わります
    触感:柔らかくなり、とろみが出ます
    外観:皮がしわしわになることがあります
    液体:水分が多くなり、水っぽくなります

     

    新鮮なアケビは皮が鮮やかな黄色ですが、時間が経つと茶色や黒に変色し、しわしわに萎んでしまいます。これらは腐敗の進行を示しており、腐ったアケビは食用に適しません。

    安全のため、腐敗したアケビは処分しましょう。

     

    アケビの基本情報と特徴

      アケビ(英語名:Akebia)は、日本の自然な環境で古来より親しまれてきた果物で、漢字では「木通」と表記されます。

       

      この果物は、完熟すると紫色の外皮が自然に開き、中の種子が現れるのが特徴です。

       

      この時期の果肉は白く甘みが強く、最も美味しいとされます。

       

      カロリーは100gあたり約82キロカロリー、糖質は約20.9グラム含まれています。

       

      アケビは9月から10月にかけて山間部で自生することが多く、そのツルの形状も特徴的です。

      アケビの安全性とアレルギーについて

      インターネットで「アケビ 毒」と検索すると情報が出てくることがありますが、アケビ自体に毒性は含まれていないため安心してください。ただし、アケビがアレルギー反応を引き起こす可能性が全くないわけではありません。

       

      花粉症のある人々は特に注意が必要で、これは花粉-食物アレルギー症候群(PFAS)に関連しており、花粉症を持つ人が特定の果物や野菜を食べることでアレルギー症状が引き起こされることがあります。

      アケビの栄養成分

      アケビの果実部分には、ビタミンCと葉酸が豊富に含まれています。これらの栄養素は、健康の維持に役立ちます。

      アケビによる健康へのメリット

      アケビに含まれる豊富なビタミンCは、免疫システムの強化や肌の健康維持に寄与します。

      また、葉酸の存在も重要で、貧血の予防や対策に効果的です。

       

      これらは

       

      • 免疫力の向上
      • 風邪や感染症からの保護
      • 美しい肌の維持
      • 貧血のリスク軽減と状態の改善

       

      に寄与します。

      まとめ

        アケビは、種を除いた部分を食用にします。自然な味わいが特徴ですが、更なる味わい深さを求める場合は、砂糖を加えるなどの調理法を試してみるのも良いでしょう。

         

        アケビは珍しい果物なので、見つけた際には様々なレシピでの調理に挑戦し、その独特な味を楽しむのがおすすめです。料理のバリエーションは多岐にわたるため、いろいろな方法で楽しむことが可能です。

         

        この多様な果物を通じて、新しい食の冒険に出発しましょう。アケビの可能性は無限大です!

        よかったらシェアしてね!
        • URLをコピーしました!
        目次