キムチでお腹を壊すのはなぜ?下痢になる原因や正しい摂取量は

料理と食材のQ&A

キムチが好きですか?この独特な風味とスパイシーさがご飯のお供にぴったりで、日本中の人々に愛されている伝統的な料理ですよね。

 

でも、美味しくてつい食べ過ぎた結果、胃もたれや消化不良に悩まされた経験はありませんか?キムチは消化が難しい食品の一つで、摂取量に注意が必要です。

この記事では、

 

  • キムチを食べた後の消化不良の原因
  • キムチが健康に与える影響
  • 含まれる栄養素や乳酸菌の種類
  • 一日の適切な摂取量

 

について詳しく解説します。

目次

キムチでお腹を壊すのはなぜ?下痢になる原因は

キムチを食べて消化不良になる人の中には、辛い食べ物が体質に合わない人が多いです。

これは、キムチに含まれる唐辛子に含まれる「カプサイシン」という成分が胃に影響を与えるからです。

カプサイシンの影響とは

韓国料理には欠かせない唐辛子やハバネロには、カプサイシンという化学物質が豊富です。カプサイシンの濃度が高いのは唐辛子やハバネロの種ではなく、その内側の膜です。

「唐辛子の種が辛い」とよく言われますが、実際に辛さを感じるのは種の周辺の部分です。

 

カプサイシンは人間の感覚神経に結合しやすく、体内に入ると感覚神経が刺激されて過敏反応を起こすことがあります。この化学物質が体内を通過する際に感覚神経を刺激し、結果として胃の不快感や下痢を引き起こすことがあります。

適量摂取で健康に好影響

しかし、カプサイシンが必ずしも健康に悪影響を及ぼすわけではありません。適量を摂取することで、胃の粘膜を保護する効果があるほか、体温を上昇させる効能があり、さらに抗菌作用も持っています。

 

そのため、カプサイシンを豊富に含むキムチなどの食品は、「適量を守れば健康に良い影響を与える」と言えます。

 

キムチの正しい摂取量は?

キムチを摂取する際の推奨量は「1日約50g」です。これは小さなお皿一杯分くらいの量に相当します。

キムチ100gあたりのカロリーは約45~65kcalで、この推奨量であれば摂取カロリーは約23~33kcalとなり、過剰なカロリー摂取を避けられます。

 

キムチの栄養的メリットについて

キムチに関連する消化の問題については触れましたが、ここではキムチ自体の栄養面の特徴に注目しましょう。

 

キムチは、白菜をはじめとするさまざまな野菜を塩漬けにし、唐辛子や魚介類の塩辛、ニンニクなどの調味料で漬け込んだ韓国の伝統食品です。もともとは朝鮮の冬に向けて野菜を保存するために塩漬けにしたもので、時間が経つにつれ香辛料やニンニク、山椒などが加わり、現在のキムチのスタイルが確立されました。

 

16世紀に唐辛子が日本から伝わり、主要なスパイスとして使われるようになってから、キムチの味に大きな変化がもたらされました。

キムチは単独での消費のほか、スープ、炒め物、鍋物、焼肉など、さまざまな料理に使われます。

キムチに含まれる栄養素とその効能

      キムチは、ビタミンA、B群、C、Kを豊富に含み、これらは体のさまざまな機能に重要な役割を果たします。

       

      ビタミンAは肌の健康を維持し、視覚の健康にも必要です。また、活性酸素を除去し、細胞の保護と新陳代謝を助けます。

       

      ビタミンB1は炭水化物をエネルギーに変えるのに重要で、不足すると疲労感や集中力の低下を引き起こすことがあります。

       

      ビタミンB2は代謝に関わり、エネルギー生成を助けるだけでなく、活性酸素の除去にも役立ちます。

       

      ビタミンB12は細胞の成長と分裂、特に血液細胞の生成に重要で、不足すると体の正常な機能に影響を及ぼす可能性があります。

       

      ビタミンKは骨形成と傷の治癒に関与し、カルシウムの吸収をサポートします。これが不足すると、傷の治癒が遅れることがあるため、十分な摂取が必要です。

       

      キムチはこれらのビタミンを豊富に含むことで、免疫システムの強化や風邪予防にも寄与すると言われています。また、これらのビタミンは体の代謝やエネルギー生成、細胞の健康維持にも不可欠な役割を担っています。

       

      キムチを食べることで、これらの重要な栄養素をバランス良く摂取することができるのです。

      キムチと乳酸菌:腸内環境を整える力

      キムチには、プロバイオティクスとしても知られる乳酸菌が含まれています。実際に、キムチ1グラムには約100万個の乳酸菌が含まれ、熟成に伴いその数はさらに増加します。乳酸菌は腸内フローラの改善に貢献し、消化システムにも良い影響を与えます。

       

      適度な量のキムチ摂取は健康に有益ですが、過剰な摂取は消化不良を引き起こす可能性があるため、摂取量には注意が必要です。

      まとめ

      今回の内容を簡単にまとめてみましょう。

       

      • キムチを食べ過ぎた際の胃の不快感は、主に唐辛子に含まれるカプサイシンが原因です
      • カプサイシンの過剰摂取は体内の感覚神経に影響を与え、不快感を引き起こすことがあります
      • 適量であれば体に良い効果も多く、健康に利点があります
      • キムチはビタミンや乳酸菌を豊富に含むため、健康を意識するならば日常の食事に取り入れると良いでしょう
      • 1日の適量は小鉢に盛った程度です

       

      このように、食に関する多角的な情報を提供する当記事を、他にも様々なトピックで掲載しています。興味のある方は、ぜひ他の記事もご覧ください。

      よかったらシェアしてね!
      • URLをコピーしました!
      目次