バフンウニの名前がひどい!名付けの意図や起源は?苦味の原因も

料理と食材のQ&A

バフンウニをご存じですか?名前の一部に気になる表現が含まれているため、避けがちかもしれませんが、実際には日本国内で供されるウニの中でも特に高品質とされています。

この記事では

 

  • ウニの特徴
  • バフンウニというユニークな名前の背景
  • 栄養価
  • 美味しくないと感じられる理由
  • 美味しい食べ方

 

について詳しく解説します。

目次

バフンウニの名前がひどい!名付けの意図や起源は?

ウニ(雲丹)として知られるこの海洋生物は、多くの棘を持つ硬い殻の中に生殖器官を有しています。流通するウニには「バフンウニ」、「ムラサキウニ」、「キタムラサキウニ」、「エゾバフンウニ」など複数の種類があります。

 

バフンウニという名前は、その外観が「馬の糞」に似ていることから名付けられました。この名前は初めは食欲をそそらないかもしれませんが、実は市場で入手できる中でも特に高品質で深みのある味わいのウニとして知られています。

バフンウニ対ムラサキウニ、どちらが高級?

味覚面で言えば、バフンウニはムラサキウニより一般的に価格が高く、風味も豊かです。しかし、ムラサキウニも同じくらい美味しいとされています。

市場での割合は異なり、バフンウニは約10%から20%、ムラサキウニは約80%を占めています。

 

バフンウニの苦みの原因とそれを除去する方法

ウニは非常に繊細な海産物で、収穫後すぐに品質が落ちることがあります。

そのため、鮮度を保つための「ミョウバン」という保存料がよく使われますが、これに強い苦味があり、ウニ本来の風味を損ねることがあります。

ミョウバンを取り除く方法

ミョウバンはウニに苦味を与えるため、この味を除去しなければ、ウニの本来の美味しさが損なわれます。ミョウバンを避け、適切に処理することで、苦味を取り除き、ウニの真の味わいを引き出すことができます。

 

一般に、低価格で提供される回転寿司チェーンなどでは、ミョウバンの適切な除去が行われていないことが多く、これが苦味の原因となっているとされています。

 

ミョウバンの除去は以下のように行います。

 

まず、ウニが完全に浸かる量の海水と同じ約3%の塩分濃度の水を用意します。

 

次に、ウニをこの塩水に入れ、約10分間浸します。

この手順はミョウバンを中和し、除去するのに役立ちます

 

10分後、ウニを取り出し、水気を切ります。

これによりミョウバンが取り除かれ、ウニは食用に適した状態になります。

 

この方法では、ウニに適度な塩味が残り、そのまま食べるのはもちろん、パスタなどの料理にも使えます。

 

ウニの栄養価と健康メリット

      ウニは味わい深いだけでなく、栄養面でも注目に値する食品です。

       

      ビタミンEは特に豊富で、抗酸化作用が高く、老化防止や生活習慣病予防に役立ちます。

       

      ビタミンB1は炭水化物の代謝とエネルギー生成をサポートし、集中力向上や神経健康にも寄与します。

       

      ビタミンB2は栄養素の代謝を助け、酵素の機能を支援し、

      ビタミンB12は細胞の成長と分裂、特に血液細胞の形成に重要で、神経伝達や脂質代謝にも関わります。

      ウニの魅力を再確認

      この記事を通じて、ウニに関する新たな知識を得たことでしょう。ここで、重要なポイントをおさらいします。

       

      • バフンウニやムラサキウニなど、食用のウニの種類があります
      • バフンウニの名前はその見た目が馬の糞に似ていることに由来します
      • ウニは栄養価が高く、健康に良い食品です
      • ウニの特有の味が苦手な方は、ミョウバンを除去することでその味を変えることができます

       

      この記事では、食に関するさまざまな興味深い事実を紹介しました。さらに知識を深めたい方は、当サイトの他のコンテンツもぜひご覧ください。多くの興味深い内容があるはずです。

      よかったらシェアしてね!
      • URLをコピーしました!
      目次