はいはいの50mlスプーンが販売終了したのはなぜ?代用品は

料理と食材のQ&A

アサヒ食品グループの和光堂が提供する育児用粉ミルク「レーベンスミルク」の「はいはい」シリーズについてご存知ですか?乳幼児向けに特別に開発されたこのミルクは、多くの保護者に親しまれています。

 

かつては50mlの計量スプーンが付属していましたが、現在は20mlスプーンのみが同梱されています。この変更による影響や、50mlスプーンの代替品について詳しく調べてみました。

目次

はいはいの50mlスプーンが販売終了したのはなぜ?

哺乳瓶に粉ミルクを適正量で入れるためには計量スプーンが必要です。これらはメーカーごとにサイズや形状が異なりますが人気の「はいはい」のスプーンに焦点を当ててみました。

現在の「はいはい」は20mlスプーンのみ

現在「はいはい」には20mlのスプーンのみが含まれています。

一般的には100mlから200mlのミルクを準備することが多いため、この小さなスプーンでは何度もすくう必要があり、育児中の親には特に追加の負担になっています。

過去には50mlスプーンも提供されていた

「はいはい」では以前特定の会員登録によって50mlスプーンが無料で提供されたり、大容量の製品購入で手に入れることができましたが、2021年3月よりこのシステムは終了し、公式オンラインストアでも別売りはされていないため、現在は入手困難となっています。

 

はいはいの50mlスプーンの代用品について

「はいはい」以外の製品や他社の粉ミルクにも50mlスプーンが含まれることがありますが、同じ50ml表示でも粉ミルクの種類によって実際の容量が異なる場合があるため、使用には注意が必要です。

代替方法は推奨されない理由

粉ミルクの適切な量を計るために

 

  • 大さじ
  • 一般的な計量スプーン
  • デジタルスケール

 

などが50mlスプーンの代わりとして考えられることがありますが、これらの方法では正確な量の計測が難しく、誤差が生じる可能性があるため、推奨されません。

粉ミルク専用の計量スプーンを使用することが最も望ましいです。

粉ミルクの濃度誤差が及ぼす影響

粉ミルクの正確な量は赤ちゃんの成長に応じて変わります。50mlの計量スプーンは必要量が増えるにつれて特に重要になります。

20mlスプーンを使うと、繰り返し粉ミルクを加えることになり、どれだけの量を加えたか把握しにくくなります。これにより、適切な濃度を誤って調合するリスクが高まります。

 

50ml計量スプーンの入手可能性

多くの保護者から再販を望む声が上がっている50mlの計量スプーンですが、購入の選択肢はどのようなものがあるでしょうか?

公式のオンライン販売サイトやインターネットのフリーマーケットでの取り扱い状況を確認しました。

オンラインでの購入はもはや不可能?

「はいはい」のオンライン販売は2021年6月現在終了しています。

 

公式ウェブサイトから購入を試みると、トップページから店舗検索ページ、そしてアサヒグループ食品の顧客サポートページへとリダイレクトされます。

このシステムでは、希望の商品や探している地域を入力すると、販売している店舗の情報が表示されます。

50ml計量スプーンの代替案としての選択肢

「はいはい」の公式ウェブサイトでは50ml計量スプーンの取り扱いがないため、他社製品のスプーンを代用することが検討されていますが、供給不足のため現在は雪印ビーンスタークの「すこやかM1(大缶)」でのみ提供されています。

 

この製品を選ぶと、通常の20mlスプーンに加えて、特典として50mlスプーンが同梱されています。

まとめ

この記事では、「はいはい」の50ml計量スプーンが市場から消えた理由と、利用可能な代替手段について説明しました。

 

  • 現在、「はいはい」の粉ミルクには20mlのスプーンのみが付属しています
  • 50mlスプーンが提供されているのは、雪印ビーンスタークの「すこやかM1(大缶)」だけです
  • 50mlスプーンが必要な場合、オンラインのフリーマーケットを利用するか、他のブランドの製品に付属しているスプーンを使うことが一つの解決策です

 

「はいはい」の粉ミルクは、乳幼児に必要な栄養素を補給するための重要な食品であり、母乳に代わる栄養源や離乳食の準備にも適しています。

さらに詳しい情報は公式ウェブサイトに掲載されているので、興味のある方は是非確認してみてください。また、この記事で紹介した代替品も参考になるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次