ひとめぼれ米ってまずい?おいしい?実際に食べた人の声は

料理と食材のQ&A

「ひとめぼれ」といお米をご存知ですか?日本各地で栽培され、人気米「コシヒカリ」に匹敵するほどの知名度を誇るこのお米です。北は青森県から南は沖縄県に至るまで、多くの地方で栽培されています。

 

では、それぞれの地域で育った「ひとめぼれ」にどのような特徴があるのでしょうか?

本記事では、「ひとめぼれ」の魅力に迫ります。

初めての方も、お米愛好家も、この記事を通じて「ひとめぼれ」の新たな魅力を発見してください。

目次

ひとめぼれ米ってまずい?おいしい?実際に食べた人の声は

「ひとめぼれ」米についてのユーザーの実際の声をいくつかご紹介します。

ポジティブな意見

「甘くて非常に美味しい」
「優しい風味で色々な料理に合う」
「温かい時も冷めてもその美味しさが変わらない」

ネガティブな意見

「個人的にはコシヒカリの方が好みです…」
「粘り気が強すぎると感じます…」
「ちょっともちもちしすぎかな…」

地域ごとの評価

「ひとめぼれ」は国内各地で栽培されており、特に宮城県、福島県、秋田県、岩手県の産地は、平成30年度の食味ランキングで「特A」の最高評価を受けています。

 

たとえば山形県産はバランスの良さが評価され、福島県会津産は粒が大きく食べ応えがあります。地域ごとに異なる味わいを楽しむのも一興です。

米の風味を損なう原因

米が不味く感じられる主な原因は保存環境にあり、特に高温多湿は米の風味を早めに落とします。

長持ちさせるには、冷蔵庫の野菜室での保存がおすすめです。

また、密封しない保管は害虫の発生リスクがあり、米の風味を損なう原因にもなり得ますので注意が必要です。

 

ひとめぼれ米の誕生背景とその風味や食感

「ひとめぼれ」米はどのような特性を持つのでしょうか?ここでその詳細を見ていきましょう。

「ひとめぼれ」の誕生背景

「ひとめぼれ」は1981年、宮城県で生まれた米品種です。美味しさと耐寒性を兼ね備えることを目指し、「コシヒカリ」と「初星」を掛け合わせて開発されました。

 

1993年の寒波で「ササニシキ」の収穫が減少したことをきっかけに、新たな主力品種として注目を集め、「コシヒカリ」に次ぐ日本全国で2位の作付面積を1994年に記録しました。

現在では、青森県から沖縄県にかけて幅広い地域で生産されています。

「ひとめぼれ」の主な栽培地域

「ひとめぼれ」の主要な栽培地域には、発祥地である宮城県を始め、福島県、秋田県、岩手県、山形県などがあります。

これらの地域では、積極的に「ひとめぼれ」の栽培が行われています。

「ひとめぼれ」の風味と食感

「ひとめぼれ」の特徴はそのユニークな風味と食感です。粘りがありながらも後味に爽やかな甘みがあり、炊き上がりは柔らかく滑らかな口当たりです。

 

バランスの取れた味わいで、「万能型のお米」とも言えます。優しい風味で多種多様な料理にマッチし、冷めても美味しいため、おにぎりやお弁当にも適しています。

 

ひとめぼれ購入のおすすめ方法

「ひとめぼれ」の購入時のポイントを紹介します。

ネットでの購入方法

インターネット通販を利用して、「ひとめぼれ」米を手軽に購入できます。

購入時の品質チェック

お米を選ぶ際は、品質を示すランクを確認することが大切です。

特別栽培米への注目

品質にこだわるなら、「特別栽培米」のラベルが付いた商品を選ぶことをお勧めします。

特別栽培米「江刺金札米 ひとめぼれ」の特長

特別栽培米「江刺金札米 ひとめぼれ」は、繊細かつ軽やかな風味が魅力です。粒はやや大きめですが、その柔らかさと滑らかな食感が特徴です。

 

和食との相性が特に抜群で、甘みと粘り気のバランスが良いため、様々な料理にも合わせやすくなっています。

「ひとめぼれ」の起源と特性

「ひとめぼれ」は平成3年に宮城県の古川農業実験場で生まれた米品種です。

 

「コシヒカリ」と「初星」を掛け合わせたこの品種は、その見た目の美しさと味によって名付けられました。

このお米は、光沢があり、粘り気と爽やかな食感がバランスよく特徴づけられています。

「あさか舞」ブランドの「ひとめぼれ」

「あさか舞」は郡山市の理想的な米作り環境、安積平野で生産される「ひとめぼれ」ブランドです。このお米は炊きたてはもちろん、冷めても豊かな風味を保つことが特徴です。

まとめ

「ひとめぼれ」は1981年に宮城県で誕生しました。耐寒性と美味しさを目指して「コシヒカリ」と「初星」を交配して開発され、1993年の寒波による「ササニシキ」収穫減の後、主要品種として注目されました。

 

1994年には作付面積で全国2位になり、青森から沖縄まで広範囲に生産されるようになりました。

主な生産地域には宮城県や福島県、秋田県などがあります。

 

その粘りと甘さのバランスの良さから「万能型のお米」と評されており、多くの料理に合う万能性を持っています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次