バスクチーズケーキが水っぽいときの対処は?その原因と復活方法

料理と食材のQ&A

クリーミーで濃厚な味わいが魅力のバスクチーズケーキ。スペイン発祥の伝統的な「tarta de queso」とも呼ばれ、チーズを豊富に使ったこのケーキは多くの人に愛されています。

 

しかし、家庭で作るときには、水分過多や焼き不足などの問題が起こることも。材料の無駄遣いを避けるためにも、今回はバスクチーズケーキ作りでよくある問題の解決策をご紹介します。

 

水っぽくなる原因の解明から、改善策、おすすめレシピまで、皆さんのケーキ作りを全力でサポートします。

次回のケーキ作りがより美味しく、成功するためのコツをご紹介しましょう!

目次

バスクチーズケーキが水っぽい原因とは?

ケーキ型と材料のバランス

    バスクチーズケーキの質感に大きく影響するのが、使う型のサイズと材料の量です。

    18cmのラウンド型を使う場合、一般的にはクリームチーズは400gから500gが適量とされていますが、個人の好みによって異なるため、下記のように異なるレシピも参考にしてみてください。

     

    「Aさんのレシピ」

    • クリームチーズ 400g
    • 生クリーム 400g
    • 全卵 4個
    • 砂糖 140g

     

    「Bさんのレシピ」

    • クリームチーズ 400g
    • 卵 2個
    • 生クリーム 200ml
    • 砂糖 80g
    • 薄力粉 大さじ1

     

    「Cさんのレシピ」

    • クリームチーズ 500g
    • グラニュー糖 150g
    • 卵 4個
    • 生クリーム 400ml
    • 薄力粉 大さじ2

    適切なオーブン温度の設定

    バスクチーズケーキは高温で焼く必要があります。オーブン温度が200度では理想的な焼き加減にはなりません。一般に「220℃で30分から40分焼く」とされるレシピが多いですが、「250度で25分焼く」とするレシピもあります。

     

    焼く際には、オーブンの扉を頻繁に開け閉めしないことが大切です。これはオーブン内の温度を不安定にし、ケーキが均等に焼けなくなる原因になります。

     

    さらに、ケーキの側面をアルミホイルで覆うなどして、熱が側面から均等に伝わるように工夫すると良いでしょう。これにより、表面に適度な焦げ目を付けつつ、中までしっかりと焼き上げることが可能です。

     

    バスクチーズケーキが水っぽいときの対処法

    材料の適切な調整

    バスクチーズケーキが水っぽくなる主な原因の一つは、生クリームの乳脂肪率が関係しています。この問題を解決するには、生クリームの量を減らし、代わりにフレッシュバターを加えるか、あるいは生クリームの一部をサワークリームに置き換えることが有効です。

    また、カッテージチーズを増やす際は、バターと小麦粉を適量加えることがおすすめです。

     

    重要なのは、卵黄に含まれるレシチンが水分と油分を結びつける役割を果たし、卵白が固まりやすい特性を持っているため、これらを適切に利用することです。

    さらに、豊かな風味を加えるために、少量の白ワインを加える方法もあります。

    高温での焼成

    バスクチーズケーキ特有のカラメル化した砂糖の香ばしさを引き出すためには、ケーキの表面を高温でしっかり焼き上げる必要があります。そのためには、200度以上の高温で焼くことが可能なオーブンの使用が推奨されます。

     

    強力な火力を持つガスオーブンは、このタイプのケーキ作りに最適です。これにより、ケーキを内部からしっかりと加熱し、理想的な食感と香ばしい風味を実現することができます。

     

    バスクチーズケーキを美味しく作るためのテクニック

    材料の正しい準備

    美味しいチーズケーキを作るためには、材料の下処理が重要です。

     

    クリームチーズは使用する数時間前(夏場は1時間前)に冷蔵庫から出し、室温に戻しておくことが大切です。同様に、卵も室温に戻しておく必要があります。

    以下の手順でチーズケーキを作ります。

     

    1. クリームチーズをボウルに入れ、滑らかになるまで混ぜる
    2. 砂糖を加えさらに混ぜ合わせる
    3. 卵は2回に分けて加え、都度しっかりと混ぜる
    4. 薄力粉をふるい入れ、クリームチーズの混合物に均一になるまで混ぜる
    5. 生クリームを加えて混ぜ合わせる
    6. 生地を型に流し入れ、軽く叩いて空気を抜く
    7. オーブンを220℃に予熱し、40分間焼く
    8. 焼きあがったら室温で冷まし、冷蔵庫でよく冷やす

    オーブンシートの活用

    オーブンシートは、大きめに切り取り、水で湿らせてから型に合わせて使用します。この方法により、ケーキが型から簡単に取り出せ、美しい形を保つことができます。

     

    ケーキが冷めたら、型ごと冷蔵庫で一晩寝かせることで、ケーキ全体がしっとりし、風味が増します。

    これにより、バスクチーズケーキの味と食感をさらに良くすることができます。

    バスクチーズケーキのおすすめ品

    カシオリの熟成バスクチーズケーキ

    「CASIORI(カシオリ)の熟成バスクチーズケーキ」は、クラウドファンディングプラットフォームCAMPFIREの飲食カテゴリーで200社を抑えてトップに輝いた人気商品です。注文が殺到し、最長3ヶ月待ちの状態に。

     

    このケーキは、グルテンフリーでありながらも形状を保つのが難しいとされていますが、独自の「二段階熟成プロセス」を経て、適度な水分を減らし、濃厚ながら固定された質感を実現しています。

     

    北海道からの高品質なクリームチーズと生クリームを使用し、時間をかけて風味を高め、味わいを深めています。スプーンでとるとその軽やかさが感じられ、口に入れると滑らかにとろけ、豊かなクリームの味わいが広がります。

     

    商品の注文はオンラインショップから可能です。

    ガスタの特製バスクスタイルチーズケーキ

    2018年夏、東京の白金地区でオープンした「GAZTA(ガスタ)」は、バスクチーズケーキの専門店として人気を博しています。ここでは、15cmと8cmの2種類のサイズから選べるチーズケーキを提供しています。このチーズケーキの特徴はその独特の食感で、それは独自の焼成方法によるものです。

     

    オーブンで焼きあげた後のケーキは、型から溢れんばかりに膨らみ、中はとろけるような柔らかさを持っています。オーブンから出した後は、専用の板の上でゆっくりと冷やされます。この過程が、ケーキの内部を滑らかで濃厚に仕上げる秘訣です。

     

    特に15cmサイズのケーキは6時間以上かけてじっくりと冷やされ、内部の質感が丁寧に整えられます。

    手間を惜しまず作られたこの豪華なケーキは、オンラインショップでも購入可能です。

    まとめ

    バスクチーズケーキを理解する上で重要なポイントは次のとおりです。

     

    • ケーキ型のサイズと材料の量のバランスが重要です
    • オーブンでの適切な加熱温度を確保することは必須です
    • 材料の量は基本的にレシピ通りにすることをおすすめします
    • 専門店で購入するバスクチーズケーキは格別の味わいを提供します

     

    このケーキはパーティーやギフトにも最適で、余裕があれば自宅で作るのも楽しいでしょう。

    一方で、専門店でプロの手によって作られた豊かな風味のチーズケーキを試すのも、特別な体験となることでしょう。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次