【パンの黒カビの見分け方】食中毒の危険性についても解説

料理と食材のQ&A

皆さんは保存していたパンがカビてしまった経験はありますか?パンは日常生活に欠かせない食品ですが、長期間の保存が難しいことでも知られています。

その主な理由は、保管方法によってカビが生えやすい環境になりやすいからです。

 

この記事では、パンに生じるカビが健康に与える影響、特に黒カビの特徴や、カビが生える原因とその環境について詳しく探求していきます。

目次

【パンの黒カビの見分け方】食中毒リスクについて

カビには、チーズや味噌、醤油、乾燥魚などの食品製造に役立つ健康に良い種類もあれば、放置された環境で自然に発生し、人間やペットに有害なものも存在します。

 

パンには赤、青、黒など様々な色のカビが生えやすいとされています。

これらのカビを摂取した場合、体にどのような反応が起こるのかを詳しく見ていきましょう。

パンのカビが引き起こす食中毒リスク

パンに生えるカビ(特に赤カビ)は下痢を引き起こす原因となり得ます。このタイプのカビは小麦や米、トウモロコシなど、パンの原材料にも発生し得ます。その結果、腹痛、吐き気、めまい、出血などの症状を引き起こすことがあります。

 

青カビや黒カビを摂取した際にも下痢などの症状が現れることがあり、これはアレルギー反応の一環である可能性があります。

症状が現れた場合、医師の診断を受けることが大切です。

 

また、少量のカビが体内に入っても食中毒を引き起こすことはまれですが、胃酸の作用や免疫反応が関係しています。しかし、幼児や高齢者、妊婦など免疫機能が低下している人々は、カビがついた食品を摂取することで深刻な症状を示すリスクが高まります。これらのリスクグループには特に注意が必要です。

黒カビの有無を見分けるポイント

食パンには、暗い色の黒カビが生えることがありますが、黒ごまやその他の黒い成分を含むパンではカビの判別が難しくなることがあります。

カビの有無を確認するための一つの方法として、独特の土や古いもののような匂いを感じ取ることがあります。例えば、古い家や絨毯の香りを思い出すと良いでしょう。

 

カビの有無は、見た目だけでなく匂いや手触りなどの総合的な情報をもとに判断することが重要です。食べるかどうかの判断も同様です。

次に、カビに関連しない他の注意点についても触れていきます。

 

カビによる食中毒は何時間後にでる?

カビが混入した食品を摂取すると、食後5分から30分以内に

 

  • 吐き気や下痢
  • 腹痛
  • 頭痛
  • 目の不調

 

などの症状が現れる可能性があります。

カビの中には熱に耐性がある種類も存在し、食中毒を引き起こす細菌が加熱で除去されることはありますが、カビ自体が死んだ後もカビが生成した毒素は残り続ける可能性があります。

 

カビが繁殖しやすい環境条件

      カビが繁殖するためには温度、水分、酸素、栄養などが重要です。

       

      20~30℃、特に25℃付近が理想的な温度です。

      低温(4~10℃)でも時間が経つとカビは発生します。

      30℃以上ではカビの増殖は遅くなります。

      水分がない場所ではカビの発生は抑えられます。

       

      酸素が豊富な環境と、エネルギーとして利用できる栄養(たんぱく質、脂肪、ミネラル、ビタミンなど)もカビの成長には必要です。

       

      糖分や塩分が高い場所ではカビの繁殖が抑制されることもあります。

       

      これらの条件を踏まえると、梅雨から秋にかけてがカビが最も増殖しやすい季節で、冬は比較的カビが生えにくい時期と言えます。

      パンにはカビ以外にも注意すべき兆候あり

        これまでカビについてお話ししてきましたが、食パンにはカビ以外にも注意すべき兆候があります。

        匂いや触感が普段と異なる場合、それはパンが悪化しているサインかもしれません。

         

        • 異常な匂いがする
        • カビのような臭いがする
        • 湿っていてしっとりしている
        • 粘り気があり、糸を引く
        • 溶けているように感じる
        • 食べると舌がピリピリとする

         

        これらの症状があるパンは品質が悪化している可能性が高く、健康に害を及ぼす恐れがありますので、摂取は避けるべきです。

         

        また、自家製パンの場合、発酵を進め過ぎると酵母の強い臭いが発生し、異常を見分けにくくなることもあります。

        匂いだけでなく、パンの全体的な状態を見て安全かどうかを判断しましょう。

        まとめ

        この記事を通じて、パンに関する重要なポイントを再確認しましょう。

         

        • パンに生えるカビは注意が必要である
        • 食用に適したカビはごく一部に限られる
        • 赤カビ、青カビ、黒カビなど様々な種類のカビがあり、それらの摂取は避けるべき
        • 黒いパンは黒カビと間違えやすいが、匂いや外観全体から判断する必要がある
        • 変な匂いやカビ特有の臭い、部分的に溶けているように見える箇所がある場合は品質が悪いサイン

         

        これらのポイントを念頭に、パンを安全に楽しむための適切な対応を心がけましょう。

        よかったらシェアしてね!
        • URLをコピーしました!
        目次