若手農家の農的FUN探求学

情報更新日:2018/06/14

02

農家の僕たちが大事にしている情報発信術

農家はしんどい、儲からないというイメージを、農業は楽しい!稼げる!となるように、自分たちがそうである努力をし続け、 そしてその姿を発信するようにしています。今回は、迫田さんが情報発信をする際に大事にしていることを教えていただきました

この記事を読むには入学が必要です。

無料以外の記事を読むには新規登録と入学の手続きが必要です。
入学済みの方はログインしてください。
まだ入学されていない方は新規登録から入学の手続きを完了してください。

迫田瞬
兵庫県淡路島/2525ファーム 代表

1983年生まれ、神戸学院卒業。「らーめん亀王」をFC経営しているアップロード株式会社にて接客からラーメンづくりまで全て行う。24歳で店長、25歳でマネージャーになり、関西の人気店へと成長させる。2012年「1人でも多くのお客様に安全で安心な野菜をお届けしたい」という事業提案を行い、淡路島に移住。「淡路島希望食品有限会社」を設立。いつも明るく楽しく、にこにこと働きたいという仕事への想いから農園を「2525(ニコニコ)ファーム」と名付ける。現在、3名のスタッフと共に、日本一美味しい淡路島玉ねぎ「蜜玉」作りに挑戦。農業従事者を増やす取り組みも積極的に行う。フットサルが好き。

この教授をもっと知る