情報更新日:2019/03/25

  • はじめる学科
  • 新規就農学類

若手農家のゼロから育む恋人参学

vol.01

基礎を怠たらないことが農業における近道

講義概要

若手農家のゼロから育む恋人参学

標高150mの圃場で育つしもみん農場自慢の「恋人参」。冬の寒さを乗り越えて、まるで果物のような糖度を蓄え、生のままでも食べられるほどの甘さに。下宮章寛教授は、自給自足暮生活をベースに新規就農で農業をスタート。心からおいしいと感じる野菜を作る姿は、まるで畑に佇む職人のようです。農業の基礎を忠実に守りながらも、常識にとわられない新規就農者ならではの斬新なアイデアを組み合わせた、若い世代の農業経営とは?

メイン写真

基礎や王道の中にこそ農業における近道がある。無農薬・無肥料の作物もまた同様。しもみん農場の下宮教授の言葉には、新規就農者こそ忘れてはいけない学びが詰まっています。そんな有機人参栽培の現場からお届けします。

この動画の視聴、記事の閲覧には入学が必要です。

無料以外の動画の視聴と記事の閲覧には、新規登録と入学の手続きが必要です。
入学済みの方はログインしてお楽しみください。
まだ入学されていない方は新規登録から入学の手続きを完了してください。

教授写真

下宮章寛
広島県福山市/しもみん農場代表

しもみん農場代表。大学在学中におもちゃ会社にインターンシップとして働いた際、人生に大きな転機が訪れる。1年半もの期間をアシスタントとして社長と近い距離で仕事をした経験から、経営の基礎やビジネスの企業精神を学ぶ。 その後、有機農家として独立するため、埼玉での農業研修へ。研修を経た後に地元の広島へ戻り2016年から夫婦で「しもみん農場」をスタート。 おもちゃ会社に勤務していたときの経験やアイデアからを取り入れながら、無農薬・無化学肥料をベースに基礎に忠実な農業を展開。「恋人参」というブランド名の人参をメインに栽培し、独自のレシピの人参ドレッシングも生産。オンラインショップでも商品を販売しつつ、地域のオーガニックマーケットにも出店している。現在5名のパートを雇いながら農場を運営中。

この教授をもっと知る