「医・食・農」をつなげる学

情報更新日:2018/05/31

02

意識せず、手放す!夢を実現させるマインドセット

医療業界から食を経て農の世界へ飛び込んで3年、プロ農家になって1年という短い時間にも関わらず、確実に結果を出し前進している仲吉京子教授(以下京子さん)。彼女の意表をつく質問から始まった今回の取材。明るくあたたかい畑で農作業をしながらの深い講義をお楽しみください。

この記事を読むには入学が必要です。

無料以外の記事を読むには新規登録と入学の手続きが必要です。
入学済みの方はログインしてください。
まだ入学されていない方は新規登録から入学の手続きを完了してください。

仲吉京子
神奈川県相模原市/はたけとなかよし代表

「はたけとなかよし」代表の自然栽培農家。
クリニック経営をふくむ医療業界25年の経験から、食と農の重要性に目覚める。
陰陽五行と中医学を取り入れた精進料理教室「日々是好日」を主宰し、料理研究家としての活動を通して農業への思いが強くなり、2014年に神奈川県相模原市の耕作放棄地を自らで開墾し就農。
自然栽培・無肥料・無農薬でトマトを中心に57品目の野菜を栽培している。
農業をはじめて3年目、就農1年目にも関わらず、「はたけとなかよし」のブランド名で、各オーガニック系食材店や飲食店への卸し、顧客への直売を順調に伸ばしている。
自らを「冒険者」と呼び、食・農に加え、医のキャリアをも兼ね備えつつ未来へ邁進している異色の女性農家。

この教授をもっと知る