最終更新日: 2018/07/30

  • そだてる学科
  • 果実学類
お気に入り

ありのままを育む在来種柑橘学【瀬戸内レモン】

講義概要

瀬戸内海に浮かぶ広島県呉市、下蒲刈島で明治23年から続く老舗の柑橘農場、中吉屋。「ありのままに自然のままに」を第一に、在来種、農薬・肥料不使用、自然の力の3つの要素を取り入れて栽培した柑橘果物を厳選しています。この講義では、4代目の北村昂陽教授が創業以来の理念を貫き、香りや味、甘みに優れた芳醇な瀬戸内レモンを生み出す栽培手法や、都市部と地方に拠点を持つ次世代農家のデュアルライフについて紐解きます。

メイン写真