情報更新日:2018/09/14

  • そだてる学科
  • 家畜学類

豚さんから学ぶ次世代農家の畜産学

vol.04

21歳で主任に抜擢。若者でも活躍できる自慢の養豚所に密着

教授紹介
  • フォローする
講義概要

豚さんから学ぶ次世代農家の畜産学

創業55年の歴史を誇る日本畜産株式会社。広島県福山市にある同社直営の瀬戸牧場では、従業員たちが約300頭の豚と「鼻と鼻を付き合わせる距離」で毎日コミュニケーションを取り、放牧肥育や自家製の発酵飼料を与えるなど、特別な飼育環境でこだわりのもち豚を育てています。この講義では、異業種から畜産業に転身した小林太一教授が、繁殖から食肉加工、卸や直販に至るまで、ユニークな養豚ビジネスの極意について解説します。

メイン写真

瀬戸牧場では、積極的に若者に活躍の場を与えています。代表的な例は、男性スタッフ・川本さん(21歳)。彼はなんと入社4年目で主任のポジションになりました。今回は主任・川本さんに密着しながら、肉豚舎の現場や仕事に対する本音のインタビューを伺います。

この動画の視聴、記事の閲覧には入学が必要です。

無料以外の動画の視聴と記事の閲覧には、新規登録と入学の手続きが必要です。
入学済みの方はログインしてお楽しみください。
まだ入学されていない方は新規登録から入学の手続きを完了してください。

教授写真

小林太一
広島県福山市/瀬戸牧場長

”瀬戸のもち豚せと姫”を生産する日本畜産株式会社・瀬戸牧場の牧場長。養豚業は6年目。 飲食業から養豚業に入ったときは全くの素人からのスタート。それが故に”鼻と鼻を突き合わせた距離”で豚との毎日を過ごし豚たちから多くのことを学ぶ。自家製の発酵飼料である”リキッドフィード”と”ストレスフリーの放牧肥育”で県内で唯一無二の豚肉を生産。2017年に瀬戸牧場産の”瀬戸のもち豚せと姫”が福山ブランド認定を受賞。より美味しい豚肉の生産とともに若者が輝くことのできる職場づくりを日々実践している。

この教授をもっと知る

この講義の記事一覧

7話公開中