情報更新日:2019/04/01

  • そだてる学科
  • 果実学類

尾道発 地域をつくる青パパイヤ学

vol.01

冬でも実るメディカルフルーツ「青パパイヤ」の秘密

講義概要

尾道発 地域をつくる青パパイヤ学

パパイヤは黄色く熟した南国のフルーツですが、まだ熟していない「青パパイヤ」は、東南アジア地域や沖縄などで野菜として食されています。本州ではまだめずらしい青パパイヤを、休耕田を活用した地域活性化チャレンジとして栽培しているのが、広島県の尾道市因島の尾道パパイヤです。この講義では、農薬や化学肥料・除草剤を使わない青パパイヤのこだわりの育成方法や、お酢やドレッシングなどの加工品開発秘話等をお届けします。

メイン写真

パパイヤは温暖な気候でないと作れないイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。実はパパイヤは、温度環境を整えることで冬でもしっかり実ります。「メディカルフルーツ」とも言われる体がよろこぶ栄養素が豊富に入っており、美容や健康にも良いとされるのも"青"パパイヤの特徴です。

農薬と化学料を一切使わずに作る尾道パパイヤ。そのこだわりの栽培方法を追っていきます。

この動画の視聴、記事の閲覧には入学が必要です。

無料以外の動画の視聴と記事の閲覧には、新規登録と入学の手続きが必要です。
入学済みの方はログインしてお楽しみください。
まだ入学されていない方は新規登録から入学の手続きを完了してください。

教授写真

内海千晴
広島県尾道市/尾道パパイヤ代表

尾道パパイヤ代表。サービス業界で長く勤めた後に新規就農。 尾道市御調町の休耕地を使い、町おこし事業の一環として新しい農作物を作るため父親が中心となり青パパイヤの栽培をスタート。その1年後に父親が病気で他界し、娘の千晴さんが舵を取ることに。 2018年7月の豪雨で御調町の畑が大きな損害を受けたことをきっかけに、尾道市因島の畑へと一本化。ハウス栽培をメインにして年間通しての生産をしている「多くの人に安心しておいしいパパイヤを食べてもらいたい」という想いから、農薬や化学肥料を使わずに栽培。各種パパイヤの加工品にも力を入れている。

この教授をもっと知る

この講義の記事一覧

7話公開中