小さな蒸留所がつくる米焼酎学

情報更新日:2018/04/09

01

【風景が変わる 人の流れが変わる】変化①:地域の宝を見つける!今ある資源をフル活用

講義の説明

  • フォローする
  • お気に入り

農作業小屋のごみをかき出して手作り蒸留所が完成。
「ここ、実は農作業小屋でした」。そう言って脇坂さんが案内してくれたのは、小さな小さな蒸留所。床から2階の天井まで、吹き抜け部分を埋め尽くすように所狭しとステンレス製の蒸留機が設置されています。 「自分たちでやれることは自分たちでやろうということで、この蒸留機もみんなで“よいしょ“と入れました」

この記事を読むには入学が必要です。

無料以外の記事を読むには新規登録と入学の手続きが必要です。
入学済みの方はログインしてください。
まだ入学されていない方は新規登録から入学の手続きを完了してください。

脇坂斉弘
福島県南会津郡只見町/合同会社ねっか・奥会津蒸留所ねっか

福島県内にある日本酒蔵の元・蔵人。その酒蔵に酒米を卸していた米農家たちと5人で2016年7月に合同会社「ねっか」を設立。メンバーは月1回「ニッカの会」を開くほどウイスキー好き。「いつか地域でウイスキーを造ろう」「地域のお米をブランド化したい」というメンバーたちの強い思いを受けて、ウイスキーと同じ蒸留酒の米焼酎造りをスタート。建築現場監督、日本酒蔵人という経歴と人柄、そして“アツイ”メンバーたちによって、日本一小さな蒸留所は地域を牽引する存在に。米焼酎を起点とした地域の仕事づくり、特産品づくり、風景づくりも目指している。

この教授をもっと知る