• コンパクト
    農家の育成
    に特化
  • 次なる生き方は
    ココにある
  • スペシャルな講師陣を迎えて
    完全オンラインにて
    超短期集中で開講
  • 申込み受付中

  • コンパクト
    農家の育成
    に特化

農村で速攻、自分らしい
ブランドを作って起業しよう

【成功する小さい農家】の営み方を学ぶオンラインスクール

コンパクト農ライフ塾

  • 受講完了者数

    138人突破

    ※2021年10月時点

  • 超短期集中

    3時間×9講座(+α)

    1.5ヶ月で卒業

  • 完全オンライン

    リアルタイムorオンデマンド

    地球の裏側からでも受講可能

ABOUT

⼈⽣をオモシロくする農コミュニティ The CAMPus 代表 井本喜久 主宰。
小さくても機能する、小さくても質が高い、「コンパクト」をキーワードとした次世代型農家の営み方について、超最速で学ぶことのできるオンラインスクール。

副業として農業を考えている⼈や、セカンドキャリアに⽥舎暮らしをイメージしている⼈、すでに農家だけどここから事業の成⻑を考えている⼈などを対象に、農村での「暮らし」と「商い」をハイレベルにバランスさせる術を学んでいきます。
特に「自分ならではのオリジナルブランドをいかに創り出せるか」に力点を置いて、あらゆる角度からマーケティングとライフスタイリングを習得していけるのが特徴です。

厳選した豪華講師陣(農に携わるプロフェッショナルたち)による成功ノウハウをギュッと凝縮し、1回3時間×全9講座(+α※)の超短期集中かつ完全オンラインで開催していきます。

※9講座以外に、選択するコースによって「事前学習プログラム」「ピッチコンテスト」「オフ会」など様々な付属カリキュラムが用意されています。

SKILLS GAINED

  • 理想のコンパクト農家への事業計画を完成できる

  • 相談できる師匠と志を同じくする仲間ができる

  • 卒業後、自分ブランド確立までのフルサポートを受ける権利

講座内容の詳細はこちら

PARTICIPANT

  • 農家として起業を目指す人

  • 副業として農業を考えている⼈

  • ⽥舎暮らしを検討している⼈

  • すでに農家であり、ここから
    事業の成⻑を考えている⼈

  • 持続可能な暮らしを目指す人

  • これからの生き方を
    変えたいと思っている人

無料説明会の申込みはこちら

WHY

井本 喜久

コンパクト農ライフ塾 校長
ブランディングプロデューサー
株式会社The CAMPus BASE 代表取締役

井本 喜久

一般的に「手間の割には儲からない」と言われる農業界。
果たして本当にそうなのでしょうか?
農産物の多くは、生産者である農家から消費者であるお客さんの手に届くまで、出荷団体、卸売市場、仲卸業者、小売業者など様々な中間事業者が関わっています。 この流通ルートを辿るのは、大量生産大量消費には向いているのですが、小規模な生産者にとっては、生産物単価が下がってしまうため得られる収入も少なくなってしまいます。そして、何よりも、自らが作った農作物の価格決定権がないのは、農家にとって大きなリスクであると言えます。
しかし、The CAMPusがこれまで出会ってきた成功農家は、そういったリスクを跳ね返す 「格好良くて、楽しそうで、健康的で、儲かっている」人々でした。
彼らに共通しているのは【自分のブランドを確立している = 自らの哲学を明確に持って生きている】こと。 そして、何より【暮らしが豊かである】という点でした。彼らは必ずしも大規模な農業を行っていません。 自分たちの手で作った農産物は、自分たちの意思で価格を決めてお客さんの元へ、出来るだけ直接届けようとする。つまり、相手にしたい対象者(出口)をしっかりと見据えて事業設計をし、独自のファンコミュニティを形成していく。そうする事で小さくても収益性の高い農業を実現しています。
私たちはそんなプロ農家たちの考え方やノウハウを基に、SDGs時代の今にマッチした新世代農家の誕生に注力しています。
農業を始める前にまず「失敗しない計画を立てる」ことに集中するのが先。
例えば、飲食店を始める時、料理の作り方から教わるのか、店舗の経営方法から教わるのか。
当塾は後者にまず集中すべきと考えます。農作物の作り方よりも、まずは自分のライフスタイルをしっかりとデザインすることが先決です。それらを家に居ながらにして超プロフェッショナルたちから学ぶことができる。 コンパクト農ライフ塾では、農ライフと農ビジネスの両方を組み合わせ、ハイレベルにバランスさせる術を講座を通して伝授していきます。

校長プロフィール

POINT

  • 1

    初心者からプロまで

    業界のプロ中のプロたちを講師に迎え、
    初心者にも解りやすい内容で講座を行っていきます。

    こんな方におすすめ

    これから農的くらしをはじめたい、
    兼業農家や週末農家になりたい…等

  • 2

    必須の知識を伝授

    事業計画の⽴て⽅から就農、⽣産、流通、販売まで
    農業開始前に必須となる知識をしっかり伝授します。

    こんな方におすすめ

    新規事業で農業をやりたい、
    農園オーナーになりたい…等

  • 3

    短期集中のオンライン講座

    毎週土曜日にオンラインで、1講座×3時間の
    全10講座を1か⽉半の短期集中で学ぶことができます。

    こんな方におすすめ

    地方や海外に住んでいる。
    けれど仲間や師匠に出会いたい…等

田舎暮らしスタートアップ応援
プログラム INASTA in 伊那市

SCHEDULE

  • 申込み受付中

    10

    • 開催日程
      スタンダードコース 2022年1月29日(土)~3月5日(土) 毎週土曜日
      ライトコース 2022年1月31日(月)~3月7日(月)
    • 申込み締め切り

      2022年1月27日(木) 18:00

  • 11

    • 開催日程

      Coming soon…

    • 募集期間

      Coming soon…

  • 12

    • 開催日程

      Coming soon…

    • 募集期間

      Coming soon…

COURSES

スタンダードコース

リアルタイムのコミュニケーションだから

分からない事もその場で解決できて、仲間や講師と直に繋がる事ができる

195,800円(税込)

講座内容の詳細はこちら

ライトコース

オンデマンド学習だから

自分のタイミングで聴講できる

107,800円(税込)

講座内容の詳細はこちら

Post-school cases

  • 1期生元オーガニックレストラン経営者
    アケミさん

    元オーガニックレストラン経営者 アケミさん

    2020年5月に1期生として入塾。6月に卒業した後、同年10月に鎌倉で営んでいたオーガニックレストランを閉め、それまで全く縁のなかった広島県尾道市生口島に移住する。移住してすぐにレモン農家の見習いをしながら商品開発を始め、2021年4月にレモンカードのクラフトブランドAKEMILEMONを立ち上げる。数年後には自社で栽培したレモンで加工品を作ることを目標に日々前進し続けている。

  • 2期生大手素材メーカー会社員
    ゴウさん

    大手素材メーカー会社員 ゴウさん

    社会人となりアパレルの世界で昼夜・国内外問わず営業マンとして走り続けていた最中、ふと「この生活が自分の幸せと本当に言えるのか?」と疑問を抱く。人生100年時代、これからは自分がやりたいことをしながら、人生を好転させたいという一心で、2020年7月に2期生として入塾。塾を通して「農」の世界に大きな衝撃を受ける。卒業後は会社員を続ける傍ら、わずか3ヶ月で3181Farm(さいわいふぁーむ)を立ち上げ、大豆の加工品事業を始め、その取扱店舗数はわずか半年で全国に広がっている。

  • 6期生障害福祉サービス業 会社員
    ユキコさん

    障害福祉サービス業 会社員 ユキコさん

    青森県八戸市で障害福祉サービス事業を運営している勤務先にて農部門を立ち上げる際に、校長井本の著書『ビジネスパーソンの新・兼業農家論』と出会い、2021年4月に6期生として入塾。同時期に勤務先の農事業『Go On FARM』をスタートさせる。栽培した野菜は、地域のマルシェで販売し、伝統野菜を使用した加工品開発にも着手しながら一歩一歩活動を広げている。また、栽培や加工品製造工程の一部を障害をお持ちの方々と一緒に行っており、障害者の経済的自立、農業の担い手不足の解消のため、農福連携(農業×福祉サービスの連携)を取り組んでいる。

  • 1期生元オーガニックレストラン経営者
    アケミさん

    50代女性元オーガニックレストラン経営者
  • 2期生大手素材メーカー会社員
    ゴウさん

  • 6期生障害福祉サービス業 会社員
    ユキコさん

    40代女性 会社員

VOICE

農業を共に盛り上げましょう

講師

コン農塾のオススメポイントは?

受講生

可能性しかないなと思っています

受講生

背中を押してくれる仲間との出会い

受講生

農を絡めてどう生きていく?

受講生

ブルキナファソから受講しました

受講生

農ある生活で社会を変えていく

受講生

農ライフのワクワクが溢れてきました

受講生

1期生の受講のきっかけをお届け

受講生

コンパクト農ライフってなんだろう?

受講生
受講生&講師の声の一覧へ

よくある質問

A個別のお問い合わせも受付けておりますが、随時無料オンライン説明会を開催していますので、お申込みの上お気軽にご参加ください。

A基本的には開講中の毎週土曜日に講座があります。1~2講座 × 6⽇間 = 全10講座の計30時間を1.5ヶ月で学んでいきます。集中して学ぶことで、短期間でコンパクト農ライフを始めることができます。

Aビジネスマン,会社経営者,農業従事者,主婦,学生など幅広くご参加頂いています。

A講座の内容が未経験でもわかるように構成していますので、全く問題ありません。

Azoomを用いて行う為、国外から日本にいる講師や受講生とオンライン上で繋がることが出来ます。

Aスタンダードコースは全てのコンテンツが受けられるコミュニケーションを重視した参加型コースです。農業界のプロフェッショナルな講師陣や日本に限らず海外からも参加する参加者同士の繋がりを重視し、積極的にコミュニティに参加したい方向けです。20名限定でリアルタイムで受講でき、講師へ直接質問することや交流が可能です。講座でのインプットだけでなく、自己紹介タイムや懇親会でのアウトプットにも力を入れています。
ライトコースは自分のタイミングで聴講できる、オンデマンド型コースです。リアルタイムでの受講がスケージュール上難しい方、価格を抑えて講座のみ聴講したい方向けです。スタンダードコースの講座~質疑応答の箇所をアーカイブ動画で視聴期間中は何度でも視聴できます。

A講座終了後に、アーカイブ動画をお送りいたします。

A各講座毎に3~5つの問いを設けた事前課題に回答し提出してもらいます。取り組む際には事前に配付する参考資料を読むことをオススメしています。講座後に再度課題に向き合うことで講座の理解を深め、自分自身の農ライフや新規就農のための事業計画がより精緻なものとなります。

Aご家族(2名様~)での受講希望の場合、家族割適用で1名様あたり25%割引で受講できます。家族割の適用には専用の割引コードが必要となりますので、受講されるご家族とのご関係を表記の上、運営事務局までお問い合わせください。

A法人で請求書払いを希望される場合には、Peatixのチケット選択で「申込書(様式) ※請求書払いをご希望の方はこちら(法人のみ)」のチケットを選択してお申込みください。事務局からお申込みの際に記載いただいたメール宛にご連絡いたします。事務局(conpactagrischool@thecampus.jp)まで直接お問い合わせいただくことも可能です。

A卒業生は受講生が一堂に会する非公開Facebookグループに参加できるため、他の期の受講生とも繋がれます。オンラインやリアルで集まったり、情報交換をしたり、イベントへの参加が可能です。継続して国内外の様々な仲間と繋がることができます。

A卒業後には各種フォローアップをご案内しています。
① 個別コンサルティング
② アグリイノベーション大学校への編入 (割引制度あり)
③ The CAMPus農業インターンシップ制度のアレンジ(北海道〜九州まで)
④ 農地探しサポート
その他受講生に合わせて各種ご相談が可能です。詳細はお問い合わせください。

校長プロフィール

コンパクト農ライフの伝道師

ブランディングプロデューサー
株式会社The CAMPus BASE 代表取締役

井本 喜久

Yoshihisa Imoto

広島の限界集落にある米農家出身。東京農大を卒業するも広告業界へ。コミュニケーションデザイン会社を創業し、様々な企業のブランディングを手がける。2014年、妻がガンになった事をキッカケに健康的な食に対する探究心が芽生える。2017年「世界を農でオモシロくする」をテーマにオンライン農コミュニティ The CAMPusを始動。全国約80名の成功農家の暮らしや商いの知恵を有料ウェブマガジンとして約2000名の会員に向けて配信。2020年、小規模農家の育成に特化した「コンパクト農ライフ塾」開講。2021年、農的暮らしのオモシロさについてあらゆる世代や職業の人々と共に探究する「NOU ONLINE SALON」を始動。全国各地で持続可能な農事業もプロデュース中。著書「ビジネスパーソンの新・兼業農家論(クロスメディアパブリッシング)」

1期生

元オーガニックレストラン経営者
アケミさん

2020年5月に1期生として入塾。6月に卒業した後、同年10月に鎌倉で営んでいたオーガニックレストランを閉め、それまで全く縁のなかった広島県尾道市生口島に移住する。移住してすぐにレモン農家の見習いをしながら商品開発を始め、2021年4月にレモンカードのクラフトブランドAKEMILEMONを立ち上げる。数年後には自社で栽培したレモンで加工品を作ることを目標に日々前進し続けている。

これほどの短期間に決断し実行できたのはコン農塾に巡り合い学ぶことが出来たおかげです。講座は、初回から面白いやらびっくりするやら、講師陣から惜しみなく提供される情報量に圧倒されるものの、画面越しのクラスメイトとは不思議と直に会うよりも思いの共有が図れる同志となりました。講師や受講生との距離に縛られない繋がりは間違いなく一生モノの財産です。塾を通して、最初にブランドを立ち上げるという考えに行きつき、レモン農家の見習いとしてブランドを最速で立ち上げて加工品の販売まで卒業後約半年で実行しました。食の分野に入る以前は会社員として16年間Tiffany&Coに在籍し、ブランドビジネスにどっぷりはまっていました。そんなキャリアも考慮したブランディングのアドバイスを頂いたことで、レモン農家になりたいとぼんやりと描いていたところから、明確な出口設計、事業計画を細かく立てることができました。コンパクト農ライフ塾は一人ひとり、それぞれの農ライフに寄り添ってくれる講座になっています。

2期生

大手素材メーカー会社員
ゴウさん

私が会社員の傍らで農事業を始めることができたのは、最速でブランドを立ち上げるための出口戦略をコンパクト農ライフ塾で学んだからです。1か月半の学びの中で、講師陣からとにかく背中を押してもらえたことで、一歩踏み出して行動するという決断ができました。また、校長や師匠と呼べる講師に伴走していただける環境に身を置けたことは、私の目指す未来に向けて、心強い支えとなりました。そして何よりも、入塾を機に同じような志をもつ熱い仲間と出会ったことが卒業後も大きな財産となっています。大規模ではなくコンパクトに1つの事業をスタートすること。これにより不安が期待に変わり、全てが動き始めることも体感しました。私が大豆に着目したのはスーパーフードであるという点でした。大豆は高タンパク・低糖質で、体にも地球にもやさしく、加工バリエーションも豊富です。また、どこの家庭にもある調味料の1つを大豆に変えることで、人の健康と環境に大きなインパクトを与えられる可能性を秘めており、なによりも、私が激務で健康を害し、食の大切さを痛感したことも大きな要因となっています。今後も『農の” Wa ”で、暮らしと地球に恋をする』を理念とし、農をフィールドとして “人と自然をつなぐ、職・住・食一体型コミュニティスペースの創出” を目指して走り続けます。

6期生

障害福祉サービス業 会社員
ユキコさん

六次産業化のノウハウ、マーケティングやブランディング、経営戦略、さらには農業のみならず、林業・畜産業まで、短期間で多くの学びと気づきを得ることができました。講師の方々から惜しみなくノウハウを教示していただいたことと、講座内でアウトプットする機会が沢山設けられていることで、1か月半の短期間でもこれからの事業戦略を既存の考えに縛られずに立てることができました。また、同じ志をもち切磋琢磨し合う同期の存在、卒業生の先輩方、講師の方々との繋がりは、自分をさらに成長させてくれました。農業の可能性は無限大で100人いれば100通りのやり方があります。私たちの0.5 ha弱のコンパクトな農園では、化学合成農薬・化学肥料不使用で、少量多品目、カラフルな野菜や八戸市の伝統野菜など、見て楽しく、食べておいしく、環境や体に優しい野菜づくりをしています。ご縁を大切に、1人でも多くの講師の方から学びを吸収しつつ、自分の農ライフを築き上げていくと良いと思います。