INASTA

都会で働きながら
田舎暮らしを考えている全ての人へ

SCROLL
ABOUT
INASTA

The CAMPusが主宰する
コンパクト農ライフ塾をベースに

地方へ移住・半移住したい人を
対象として田舎暮らしの
スタートアップを
成功に導く
特別受講プログラム。

READ MORE

INASTAについて

OVERVIEW

受講料は
コンパクト農ライフ塾
ライトコース料金と同額

¥107,800(税込)

コンパクト農ライフ塾とは?

※本プログラムの製作には、内閣府地方創生推進交付金を活用しています。

target

AREA

長野県伊那市

自然と共生する
“懐かしい未来”をつくるまち

長野県南部にある盆地「伊那谷」の北部にある市。伊那市は中央アルプスと南アルプスに囲まれ天竜川・三峰川の扇状平野の間に広がる、自然豊かでどこか懐かしいふるさとのような地です。名古屋までは車で約2時間半、東京まで約3時間、大阪まで約4時間で大都市へのアクセスも便利です。
日本「住みたい田舎」ベストランキングで、子育て世代にぴったりな田舎部門2年連続全国第一位に選ばれるなど、自然環境や生活支援に恵まれたまちです。

伊那市の魅力

  • コンパクト農ライフに適してる

    中山間部の小規模な農地が多くコンパクト農ライフに最適な場所です。また里山の澄んだ空気と清らかな水があり、寒暖差のある内陸性気候もあって農業には絶好の環境です。

  • 景色が良く暮らしやすい気候

    南アルプスと中央アルプスという雄大な山々に囲まれた盆地であるため市民は毎日、絶景と共に暮らしています。また標高が高いため湿気の少ない住みやすい環境です。

  • 移住者を温かく迎えてくれる市民性

    伊那谷の地元民の気質は温和なことで県内でも知られており、移住者をよそ者扱いせず、温かく受けれてくれる雰囲気が、さらなる移住者を増やす人気ポイントとも言えます。

  • のびのびした子育てに最適な環境

    子育て世代の移住の決め手は、自然の豊かさが子どもに大きな好影響を与えていること。山の自然のなかで幼児教育を受ける「やまほいく」や小学校で農業を学ぶ教育方針も注目されています。

特別カリキュラム

  • コンパクト農ライフ塾 第9期 全9講座

    ライトコースのカリキュラムについて

  • INASTA
    in 伊那市 vol.2

    特別カリキュラム
    全5講座

    • 第1講座 伊那の今と未来

      • 伊那市長
        ⽩⿃ 孝

    • 第2講座 暮らしを農でつくる

      • 草間舎
        瀧沢 郁雄

      • le petit marché
        大竹 明郁

    • 第3講座 森と農と生きる

      • 株式会社やまとわ
        中村 博

      • 株式会社やまとわ
        奥⽥ 悠史

    • 第4講座 地域との結びつき

      • kurabe CONTINENTAL
        DELICATESSEN

        渡邊 ⻯朗

      • にっこり農園
        青木 俊明

    • 第5講座 アクションプランを
      考えるワークショップ

      • The CAMPus BASE
        井本喜久

      • 伊那市役所

  • INASTA
    in 伊那市 vol.2

    実地研修
    1泊2日

    • DAY 1

      現地視察(伊那市主要エリアをガイド付きでまわります)
      地元のキーマンや移住者との交流会イベントに参加

    • DAY 2

      農家さんの畑に出向き農作業研修
      アクションプラン 最終仕上げワーク
      プラン発表
      移住フォローアップ

    ※コロナ感染症の感染拡大状況により、内容が変更になる可能性があります。
    ※登壇者は変更する場合があります。

INASTA in伊那市vol.2
のスケジュール

リアルタイム受講
特別講座の
時間割

  • 講義(60分)
  • 質疑応答(20分)
  • 休憩(10分)
  • ブラッシュアップ(30分)

INASTA in伊那市vol.2
の概要

受講料

107,800円(税込)

※受講料には全講座、実地研修費、宿泊費が含まれます。
研修交通費・飲食費、通信費は含まれません。

内容

・コンパクト農ライフ塾 第9期 ライトコース
 9講座
・INASTA in 伊那市 特別講座
 1講座×5日間=5講座
・実地研修
 1泊2日

定員

20名

参加
方法

オンライン(実地研修を除く)で実施。詳細は本申込み完了後、メールにてお送りいたします。

参加
資格

・全講座ならびに実地研修の全日程に原則参加が出来る方
・将来、伊那市への半移住・移住を検討されている方
・エントリーフォームにお答えいただける方

※エントリーフォームを提出いただいた方から順に主宰による公平な審査を行い、本申し込みのご案内をいたします。なお、参加基準に満たないと判断した場合は、お断りをすることがございます。定員に達した時点で、募集は終了いたします。

申込み
締切り

2021年11月18日(木) 18:00
(※定員に達し次第〆切)

まずは無料のオンライン説明会へ

  • 12021年9月26日(日) 20:00~21:00
  • 22021年10月4日(月) 20:00~21:00
  • 32021年10月13日(水) 20:00~21:00
  • 42021年10月21日(木) 20:00~21:00
  • 52021年10月29日(金) 20:00~21:00
  • 62021年11月6日(土) 10:00~11:00
  • 72021年11月13日(土) 10:00~11:00
説明会申込みはこちら
FAQ

A地方へ移住・半移住したい人を対象に、特別講座と実地研修が加えられたプログラムです。また料金設定も異なります。

A移住時期は問いませんが、将来移住・半移住を検討されている方で、全講座ならびに実地研修の全日程に原則参加が出来る方、またエントリーフォームにお答えいただける方としております。

Aはい。伊那市の移住・定住相談窓口(https://www.inacity.jp/iju/eventinfo/174jkzsoudan.html)で相談を受けておりますのでご案内が可能です。また移住・半移住における様々なお悩みに関して、どんな疑問にもお答えしますのでお気軽にご相談ください。

A本申込にはSquare 請求書を使用いたします。Square 請求書のお支払い方法はこちらをご確認ください。
https://squareup.com/help/jp/ja/article/5138-pay-invoices-with-square

第1講座

伊那の今と未来

まずは伊那市の魅力をきちんと知りたい。白鳥市長をゲストに招き、伊那市の豊かな自然を活かした現在の取り組みと未来に向けてのビジョンについて学びます。伊那市を深く理解することで、移住のイメージを膨らませていきます。

プロフィール

伊那市長

⽩⿃ 孝

1955年長野県伊那市生まれ。立教大学社会学部卒業。 信英蓄電器箔株式会社ののち、2004年伊那市収入役、07年伊那市副市長を経て、10年4月市長に初当選。人口減・少子高齢化の影響を強く受けている中山間地域の課題にICTを積極的に活用し、デマンドタクシー、ドローン物流、遠隔診療など民間企業と連携し取り組んでいる。また「伊那市50年の森林(もり)ビジョン(平成28年3月)」の下で、市域の82%を占める森林の保全や管理等に市民自らがかかわり、循環型社会の形成を目指す活動を推進するなど、地域課題解決に向けた取り組みは全国から注目を集めている。趣味は登山、渓流釣り、たき火、読書。

  • facebook

第2講座

暮らしを農でつくる

自らが移住者であり、伊那市で有機農業に取り組む草間舎の瀧沢郁雄氏と、畑と共にヨーロッパの郷土料理のレストランと宿を営むle petit marchéの大竹明郁氏をゲストに迎え、農で暮らしをつくる方法について学びます。

プロフィール

草間舎

瀧沢 郁雄

専業農家。1971年生まれ。茨城県出身。1996年、長野県伊那市に新規就農し有機農業を営む。農場名は「草間舎(くさましゃ)」。水稲、小麦、大豆、露地野菜(少量多品目)、50羽の鶏を育て、生産物を個人消費者に直接販売している。

  • insta
プロフィール

le petit marché

大竹 明郁

浜松出身名古屋で育つ。20代前半は音楽活動を生活の軸とする中で、様々な仕事を経験する。古い物が好きで中古家具店で勤める。毎日物を扱ううちに自分で作り出す仕事がしたいと思い、名古屋のレストランを食べ歩き、ここだと思ったイタリアンレストランで修行する。料理をしていく中で素材そのものから作りたくなり長野県伊那市に移住し畑と共にヨーロッパの郷土料理のレストランと宿を営む。2016年からは狩猟の免許も取得し、冬は狩猟、夏はフライフィッシングで山からの恵みも家族の分だけ頂いています。

  • facebook
  • twitter

第3講座

森と農と生きる

“森をもっとおもしろくする”を理念に活動する株式会社やまとわの中村氏と奥田氏をゲストに招き、 伊那特有の森林について理解し、自然との共生について考え、農への活かし方を学びます。

プロフィール

株式会社やまとわ 代表取締役/家具職人

中村 博

長野県伊那市出身。高校卒業後、郵便局員を経て木工職人の道へ。2016年10月、「森をつくる暮らしをつくる」会社、株式会社やまとわを設立し、代表取締役に就任。現在では、かんな削りの技術を競う全国的な組織である「削ろう会」信州支部の事務局長も務める。プライベートでは、2012年に地元有志で森林整備の団体を立ち上げ、週末林業に取り組みながら、日々森の中での暮らしを楽しんでいる。

  • facebook
  • twitter
  • insta
プロフィール

株式会社やまとわ 取締役・企画室⻑

奥⽥ 悠史

1988年三重県伊賀市生まれ。信州大学農学部森林科学科で年輪を研究。卒業後、ライター・編集者を経て2015年にデザイン事務所を立ち上げ独立。毎週開催のマルシェをスタートし、マルシェの回数は、300回を超える。2016年に暮らし提案を通して森を豊かにすることを目指す株式会社やまとわの立ち上げに参画。編集・デザインの経験を生かし、森林ディレクターとして、森を生かす事業提案、プロダクト開発、ブランディングなどを担当。

  • facebook
  • twitter
  • insta

第4講座

地域との結びつき

移住先で気になることの一つに、その地域ではどんな人がコミュニティを作り、人びとが生き生きと楽しんでいるかと言うこと。伊那の魅力を食と農を繋げながら活動するシェフ・渡邊竜朗氏と、移住後起業し、農園と飲食事業を展開するにっこり農園・青木俊明氏を招き、地域をどのように結びつけ活動につなげているか?を学びます。

プロフィール

kurabe CONTINENTAL DELICATESSEN

渡邊 ⻯朗

フランス人シェフ、フィリップ・エネ氏に師事。伊那市、フランス、ノルマンディー地方、同氏のオーベルジュLA BARBARIE、レストランAuberge Paysanneで、料理をはじめ、りんご栽培、麦栽培、シードル、ポモー、カルヴァドス醸造、パン、豚の飼育、豚肉の加工、農家民宿、マルシェでの出店、など幅広く学ぶ。帰国後、みはらしファームレストラン「トマトの木」のオープニングに携わる。2003年、kurabeをオープン、18年目となる。

  • facebook
プロフィール

にっこり農園

青木 俊明

2012年12月に東京都から長野県南部の伊那谷にある駒ヶ根市へ移住。2年間の研修後、新規就農する。2011年の東日本大震災で、直接被害は無かったはずの都心の震災後の状況や光景に、都会での暮らしに違和感を感じる。暮らし方や食について考え直すきっかけとなった。職であった契約デザイナーが期間満了となった事も重なり、それを期に移住。2014年4月、農家となるが紆余曲折あり、2019年kurabeオーナー渡邊氏に師事。農業に加え、伊那市内を拠点とし飲食業の活動を始める。2021年3月、自宅敷地内の母屋を改装し惣菜製造業を取得し飲食店も開業。食と農を中心に伊那と地域の繋がりを広げ、地消地産を目指し、地域循環を見据えた持続可能な暮らしを模索中。

  • facebook
  • insta

第5講座

アクションプランを考えるワークショップ

自らの暮らしのカタチを明確化すべく、各自のアクションプランを発表しディスカッション。さらにプランがより実現性の高いものとなるようブラッシュアップ。そして、伊那市での起業や住まいにまつわる補助金制度など、移住に有益な情報を伊那市役所より紹介いただきます。

プロフィール

株式会社The CAMPus BASE 代表取締役

井本 喜久

広島の限界集落にある米農家出身。東京農大を卒業するも広告業界へ。コミュニケーションデザイン会社を創業し、様々な企業のブランディングを手がける。2014年、妻がガンになった事をキッカケに健康的な食に対する探究心が芽生える。2017年「世界を農でオモシロくする」をテーマにオンライン農コミュニティ The CAMPusを始動。全国約80名の成功農家の暮らしや商いの知恵を有料ウェブマガジンとして約2000名の会員に向けて配信。2020年、小規模農家の育成に特化した「コンパクト農ライフ塾」開講。2021年、農的暮らしのオモシロさについてあらゆる世代や職業の人々と共に探究する「NOU ONLINE SALON」を始動。全国各地で持続可能な農事業もプロデュース中。著書「ビジネスパーソンの新・兼業農家論(クロスメディアパブリッシング)」

  • twitter
  • insta
エントリーはこちら