- Natural Farm to Table - ありのままの自分をつくる自然食のはなし

2019年4月22日~2019年4月22日

情報更新日:2019年4月11日

自分のからだは、食べるものから出来ています。しかし私たちは忙しい日常のなかで、そんな当たり前のことを見失ってしまいがちです。「食べるもの」とそれらを「つくる現場」との距離が離れがちな現代。それはつまり、自分のからだのことを、遠くの誰か知らない人の手に委ねざるを得ないということでもあります。

十勝には、平均 30ha の農地を持つ農家さんがおよそ6800事業者いて、食料自給率は1000%を超えています。その膨大な生産量で日本の食卓を支えている十勝でこそ、大量生産・効率重視という観点からいちど離れてみて、あらためて「食」本来の意味や未来について考えてみることが、もしかすると大事なことかもしれません。

今回のイベントでは、”- Natural Farm to Table - ありのままの自分をつくる自然食のはなし”というテーマで、自然と共にある心豊かな暮らしを続けてきた二人の農ライフのプロフェショナルを交えたトークショーを行います。

ゲストは、The CAMPusの教授でもあるお二人。十勝・愛国で自然栽培を営み伝え続けている「やぶ田ファーム」やぶ田秀行さんと、千葉県・いすみ市でマクロビオティックを基にした暮らしを実践している「ブラウンズフィールド」中島デコさんです。

ファシリテーションは、The CAMPusの井本喜久 校長が務めます。彼らが結ぶ、”ありのままの自分をつくる自然食のはなし”を、どうぞお楽しみに!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【開催日程】 4月22日 (月)
【時間】 16:30 受付
17:00~18:30 トークイベント
-Natural Farm to Table- ありのままの自分をつくる自然食のはなし
ゲスト:やぶ田秀行 中島デコ
進行:井本喜久(The CAMPus 校長)

18:30~21:00  半農半Xな生き方 TALK&MUSIC
音楽:Yae 宇井ひろし Ken ヨッシー
料理監修:中島デコ

【開催場所】 ギャラリー光影(帯広市西1条南8丁目20-1)
【人数】30~40名
【参加費】3000円 フード&1ドリンク付
トークイベント・ライブチケット共通
※当日現金払い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【今回ゲスト紹介】
《 ゲスト①:やぶ田 秀行 北海道 帯広/やぶ田ファーム代表》

 

十勝の愛国で、悠々自適に暮らしながら自然農を営む「やぶ田ファーム」代表。
著名な農芸化学者であった祖父の魂を引き継いで農業を志す。農作業に打ち込みすぎて身体を壊したことがきっかけで、個人でも持続できる自然農法に取り組み始める。自然本来の力を活かし委ねるため、ほとんど手間がかからず、忙しいはずの農期においても悠々と過ごしている。
また、収穫したものをそのまま自ら販売することで、心から勧められる安全な野菜をリーズナブルな価格で消費者に届けることに成功。その農法について「お金も手間もかからないから、だれでもすぐに始められる」と言い切り、自らが実践してきた原理原則をたくさんの人に伝えている。
食にまつわる日本の現状に疑問を持ち、古代由来の農法で食から暮らしを取り戻していくことを啓蒙中。農作業のない冬季は、趣味のバイクで凍った畑の上をかっ飛ばしている。

《 ゲスト②:中島デコ 千葉県いすみ市/ブラウンズフィールド》

 

マクロビオティック料理家。東京生まれ、4人姉妹の長女。16歳でマクロビオティック(以下:マクロビ)と出会う。24歳、結婚を機に マクロビの道へ進むことを決意し、 『リマクッキングスクール』で学び、師範科を卒業する。3人の子どもを授かった後、結婚生活に終止符を打ち、子連れで渡米。Kushi Instituteにて、アシステントをして経験を積む。1986年から自宅のキッチンを使っての料理教室『ワンダーマミー』を開く。写真家エバレット・ブラウンと2度目の結婚後、2人の子どもに恵まれ、2男3女の5人の子どもを育てあげる。このような経験に基づく料理指導が、多くの母親たちの支持と共感を得る。
1999年、家族で千葉県いすみ市に移住。田畑付き古民家スペース「ブラウンズフィールド」を設け、世界各国から集まる若者たちとともに、持続可能な自給的生活をめざす。子育てをしながら、たくさんの研修生やスタッフと共に住みつつ、ブラウンズフィールド内に、カフェ「ライステラス」、イベント宿泊スペース「サグラダコミンカ」、ナチュラルオーベルジュ「慈慈の邸」、ナチュラルストア「アサナ」をオープン。
2016年出版部門BF Books を立ち上げ、2017年『ブラウンズフィールドの丸いテーブル』を出版。現在、国内外で、講演会やマクロビオティック料理講師として活躍中。料理本やエッセイ等、著書多数。

《 ゲスト③:井本喜久 ブランディングプロデューサー/一般社団法人 The CAMPus 代表理事/株式会社 The CAMPus BASE 代表取締役》

 

広島県の米農家出身で東京農業大学を卒業するも広告業界へ。2004年 世の中のオモシロイをカタチにするコミュニケーションデザイン会社COZ(株)を起業。様々な企業のブランドづくりに携わる。2012年 表参道でBrooklyn Ribbon Friesを創業し食ブランド事業もスタート。2016年 新宿駅屋上で地域と都市を繋ぐマルシェThe CAMPusを開催し延べ10万人を動員。2017年「世界を農でオモシロくする」をテーマにインターネット農学校 The CAMPus( http://thecampus.jp )を開校。全国約60名の凄腕農家さんを教授陣に迎え、農的暮らしのオモシロさをワンコインの有料ウェブマガジンというカタチで配信中。2018年(株)The CAMPus BASEを設立。おもに「農」文化を軸に地域活性化を図る様々なプロジェクトをプロデュース中。2019年より「家庭菜園×AI」の新事業も計画中。
 

 

※下記フォームから参加のお申し込みをしていただけます。参加費は現地払いにてお願いいたします。

 

  • 販売終了

    販売期間:
    2019年3月28日 12時00分~
    2019年4月23日 12時00分

イベント情報

イベント名
- Natural Farm to Table - ありのままの自分をつくる自然食のはなし
開催日時
2019年4月22日~2019年4月22日
料金
3000円
主催者情報
The CAMPus
WEBサイト
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScjxHJ0b-5p7W3ecnhbtsjNZAL9O_evcPOnY6LIaMLGzkOxiQ/viewform?fbclid=IwAR0SE6jDdO4tVKAqgE_1ltOsc-j7JmqOpxeRj4XB22DZBYlA2g59B7BbVC8
連絡先
info@thecampus.jp
交通アクセス
北海道河西郡更別村南1線93−38
集合・解散について
  • 販売終了

    販売期間:
    2019年3月28日 12時00分~
    2019年4月23日 12時00分