The CAMPusについて

強くて健康な”りんご”を育てるみんなのお母さん

松澤みどり
長野県小諸市/松澤農園 代表

昭和41年、長野県小諸市生まれ。“皮ごと食べれるりんご”をキャッチコピーに生産から加工販売まで6次産業を家族で手掛ける「松澤農園」の3代目。大学に進学後、母が病気で倒れ急遽3か月で退学。18歳から実家のりんご農園を継ぐことに。担当するのは加工と営業分野。約100年前に祖父が土づくりからはじめた松澤農園は、土地を開拓してから80年経過する。みどりさんの息子が後を継ぎ、現在は4代目となる。特に生食でも極上のりんごをジュースにしたりんごジュースが大人気である。現在は“第二のふるさと”として松澤農園を訪れる人が後を絶たない。一度訪ねてきた人をほとんどリピーターにしてしまう人間力は、まるでみんなのお母さんである。農林水産省が始めた「農業女子プロジェクト」や小諸市農林課が始めた「KOMORO AGRI SHIFT」プロジェクトにも参加している。

  • そだてる学科
  • 果実学類

100年伝わる”皮ごと”食べれるりんご学

もっと見る