The CAMPusについて

愛と情熱の熱血頭脳派農家

押谷行彦
北海道長沼町/押谷ファーム 代表

株式会社 押谷ファーム代表取締役社長。兵庫県尼崎市出身。阪神淡路大震災をきっかけに「自分で食べものをつくれるようになろう」と農家を志して北海道へ移住。移住後、大学で2年間農業を学んだ後、新規就農。市場に卸されるのが一般的だったアスパラを贈答用として消費者へ直接販売を開始。その美味しさが口コミで広がり、今ではレストランのシェフが押谷さんの作るアスパラを求めて農園を訪れるほどの人気農家に。大学時代にアメリカンフットボールを通して学んだ目標達成メソッドを応用し、目標から逆算して考え綿密な行動計画を立てている。就農時から蓄積された膨大なデータの分析によって、天候や環境に左右されない安定的な野菜の生産を行っている。野菜や従業員たちへ注がれる深い愛情とロジカルに分析し淡々と実行していく冷静さも併せ持つ「熱血頭脳派農家」。

  • そだてる学科
  • 野菜学類

アスパラ 一筋!超ブランド育成学

もっと見る